[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バスタブ曲線

pointこの用語のポイント

point故障率曲線のことだよ

point故障の発生率の変化を示したグラフだよ

pointあるいは故障率曲線っぽく推移するグラフだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バスタブ曲線とは

故障率曲線のこと。
つまり

パソコンやプリンタのようなハードウェア(蹴っ飛ばせるもの)に対する「時間経過に伴う故障の発生率の変化を示したグラフ」のこと
です。
あるいは

故障率曲線のように、最初は多かったのが徐々に減って低い位置で横ばいになり、途中からまた増え始めるような線を描くグラフのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「故障率曲線」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

故障率曲線は「時間の経過と故障の発生率の関係性を示したグラフ」です。

バスタブ曲線

例えば、そうですね。

ピヨ太君がピヨピヨパソコンを開発して、売り出しました。

バスタブ曲線2

ところがどっこい、です。
最初の頃、ピヨピヨパソコンは、めっちゃ故障しました。
いわゆる「初期不良」ってやつです。
あとは、お客さまが想定外の使い方をして壊れることもありました。
ピヨ太君は修理にてんてこまいです。

バスタブ曲線3

とはいえ、明けない夜はありません。
少しずつ状況は落ち着き、ピヨピヨパソコンが故障することは、ほとんどなくなりました。
ピヨ太君はピヨピヨパソコンが売れたお金を元手に、食っちゃ寝のグータラ生活を満喫しました。

バスタブ曲線4

しかし、世の中そんなに甘くありません。
ピヨピヨパソコンの寿命が近づいてきたのでしょう。
部品が欠けたり中にホコリが溜まったりして、再び、ピヨピヨパソコンの故障が増えてきました。
ピヨ太君は修理にてんてこまいです。

バスタブ曲線5

このような時間経過に伴う故障の発生率をグラフ化したものが故障率曲線です。
最初は初期不良などで故障数が多く、徐々に落ち着いて低い位置で横ばいになり、部品がボロくなって(経年劣化で)また故障数が増えてきます。

バスタブ曲線6

以上を踏まえて、故障率曲線の別の呼び名が「バスタブ曲線」です。
名前の由来は、おそらくグラフの見た目がバスタブっぽいからでしょう。

バスタブ曲線7

あるいは、故障率曲線と似たような線の形になるグラフを指して「バスタブ曲線」と言う場合もあります。
最初は多かったのが徐々に減って低い位置で横ばいになり、途中からまた増え始めるような線を描くグラフのことです。

バスタブ曲線8

パッと思い浮かびませんが、最初多くて徐々に減って途中からまた増えるのが、故障率以外にもあるはずです。
それらをグラフ化したものも、バスタブ曲線と呼べると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バスタブ曲線」って単語が出てきたら「時間経過に伴う故障の発生率の変化を示したグラフのこと、もしくは、最初多かったのが徐々に減って低い位置で横ばいになり途中からまた増え始めるようなグラフのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク