[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

平均修理時間 (MTTR)

pointこの用語のポイント

point平均すると、修理にどれくらいの時間がかかってる?だよ

point動いていない時間の合計÷故障回数で求めるよ

point「平均復旧時間」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

平均修理時間 (MTTR)とは

「平均すると、故障してから修理が終わるまでに、どれくらいの時間がかかってる?」のこと。
もう少し真面目ぶって書くと

故障してから再び稼働するまでにかかっている時間の平均値
です。

image piyo

詳しく書くよ

そのまんまといえば、そのまんまですね。
修理にかかる時間の平均値が「平均修理時間」です。
Mean Time To Restore(ミーン・タイム・トゥ・リストア)」の頭文字を取って「MTTR」とも呼ばれます。
もしくは「平均復旧時間」と呼ばれたりもします。

平均修理時間は

動いていない時間(修理している時間)の合計 ÷ 故障回数

で求められます。

平均修理時間

例えば、そうですね。

ピヨ太君がパソコンの電源をポチッと入れました。
パソコンさんは、お仕事を始めます。

平均修理時間2

ところがどっこい、パソコンさんは3時間ほど働いたら、ぶっ壊れてしまいました。

平均修理時間3

これでは困ります。
ピヨ太君は2時間かけて修理しました。

平均修理時間4

ところがどっこい、6時間後に、また、ぶっ壊れてしまいました。

平均修理時間5

これでは困ります。
ピヨ太君は修理します。
先ほどの経験が活かされたのでしょう。
今度は1時間で修理できました。

平均修理時間6

それから6時間ほど動かして、ピヨ太君はパソコンを止めました。

平均修理時間7

ピヨ太君のパソコンが故障した回数は2回です。

平均修理時間8

ピヨ太君のパソコンが動いていない時間は、合計で3時間(2時間 + 1時間)でした。

平均修理時間9

平均修理時間は

(2時間 + 1時間) ÷ 2回



1.5時間

です。
この数字は「平均すると、直すのに1.5時間かかってるね」の意味になります。

以上で平均修理時間の説明は終わりですが、せっかくなので「平均故障間隔(MTBF)」と「平均故障時間(MTTF)」にも触れておきましょう。

平均故障間隔(MTBF)は「1回故障してから次に故障するまでの時間(間隔)の平均値」です。
修理できる物に対する故障の頻度を示す値です。

動いていた時間の合計 ÷ 故障回数

で求められます。

平均修理時間10

先ほどのピヨ太君の例でいえば

(3時間 + 6時間 + 6時間) ÷ 2回



7.5時間

が平均故障間隔です。
この数字は「平均すると、7.5時間に1回、故障してるね~」の意味になります。

平均修理時間11

平均故障時間(MTTF)は「ぶっ壊れるまでの時間の平均」です。
日本語でいえば「平均寿命」です。

平均修理時間12

平均故障時間は修理できない(しない)ものに対して使う指標です。
壊れたらお払い箱なやつに対して使います。

気が向いたら、全部併せて覚えてあげてください。

平均修理時間:修理にかかる時間の平均値
平均故障間隔:(修理する物に対する)故障するまでの時間(間隔)の平均値
平均故障時間:(修理しない物に対する)故障するまでの時間(寿命)の平均値


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「平均修理時間」って単語が出てきたら「『修理するのに、どれくらいの時間がかかってる?』の平均値なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク