[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

標的型攻撃

pointこの用語のポイント

point特定の相手を狙った攻撃だよ

point情報を盗む目的の攻撃を意図している場合が多いよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

標的型攻撃とは

無差別攻撃ではなく、特定の相手を狙って行う攻撃のこと。
あるいは

攻撃対象を定め、そいつの持っている大事な情報(パスワードとか顧客情報とか)を盗もうとする攻撃のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

結論を先に書いてしまうと

1.特定の相手を狙った何らかの攻撃
2.特定の相手を狙った「情報を盗んでやるぜ!」な攻撃


のどちらかを意図している用語が「標的型攻撃」です。
「攻撃」が分からない人は「コンピュータを使った悪いこと」くらいに解釈してください。

「標的型攻撃」という用語を

1.特定の相手を狙った何らかの攻撃

の意図で使った場合は、攻撃手法や目的は問いません。
不特定多数に向けた攻撃でなく、特定の個人や組織を狙った攻撃であれば、それは標的型攻撃です。

標的型攻撃

それに対して

2.特定の相手を狙った「情報を盗んでやるぜ!」な攻撃

の意図で使った場合は、情報を盗む目的で行う攻撃のみが標的型攻撃です。
情報を盗む以外の目的で行う攻撃は標的型攻撃ではありません。

標的型攻撃2

例えば「DoS攻撃」と呼ばれている攻撃があります。
DoS攻撃は「本来の仕事ができないくらい忙しくしてやるぜ攻撃」です。
相手の仕事をいっぱい増やしてテンパらせることで、サービスを続けられないようにする嫌がらせです。

標的型攻撃3

標的型攻撃を「特定の相手を狙った何らかの攻撃」と解釈した場合、DoS攻撃は標的型攻撃に含まれます
無差別攻撃ではなく、特定のコンピュータに対する嫌がらせだからです。

標的型攻撃を「特定の相手を狙った『情報を盗んでやるぜ!』な攻撃」と解釈した場合、DoS攻撃は標的型攻撃に含まれません
情報を盗むための攻撃ではないからです。

解釈の仕方によって、特定の攻撃が標的型攻撃に含まれたり含まれなかったりします。
ややこしいですね。
どちらを意図しているかは前後の文脈から判断してください。

個人的な印象では

2.特定の相手を狙った「情報を盗んでやるぜ!」な攻撃

を意図している場合の方が多い気はしますけどね。
たまに

1.特定の相手を狙った何らかの攻撃

を意図して使っている人もいます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「標的型攻撃」って単語が出てきたら「特定の相手を狙った攻撃、もしくは、特定の相手を狙った『情報を盗んでやるぜ!』な攻撃なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク