[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

until文

pointこの用語のポイント

pointプログラムを書くときの構文だよ

point繰り返し処理を書くときに使うよ

point条件を満たさない間、繰り返すよ

pointwhile文の逆だよ

pointuntil文がないプログラミング言語もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

until文とは

while文の逆。
つまり

プログラミングで使う構文のひとつ
であり

「条件を満たさない間は同じ処理を繰り返してね~」な繰り返し処理を書くときに使う構文
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「プログラム」と「プログラミング」あとは「while文」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プログラムは「人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ」です。
このプログラムを実際に作る作業を「プログラミング」と言います。

until文

プログラミングは、コンピュータさんに対して、仕事を指示する行為です。
「この場合は、あれしろ」「この場合は、これしろ」と、細かく指定していきます。

さて、このコンピュータさんに対する指示ですが、飽きるまで……もとい、必要がなくなるまで同じ処理をやらせたい場合があります。
例えば「ピヨ太君が寝ている間は、ピヨ太君を起こす」とかですね。
スヌーズ機能付きの目覚まし時計のイメージです。

「必要がなくなるまで同じ処理をやらせる」処理は専門用語で「繰り返し処理ループ処理)」と言います。

while文は、多くのプログラミング言語で用意されている、繰り返し処理を書くときの構文(のひとつ)です。

while文の書き方は

while(ピヨ太君は寝ている?){
 ピヨ太君を起こす
}


のような形が一般的です。

この処理では

1.ピヨ太君が寝ているか?の判定
 ※寝ていれば2へ移動。起きていれば終わり
2.ピヨ太君を起こす


を繰り返します。

until文2

プログラミング言語によって細かい違いはありますけどね。
英語の「while(~する間)」のイメージです。

while文は、条件を「満たす間」同じ処理を繰り返します。
ここがポイントです。
覚えておいてください。

until文3

以上を踏まえて、条件を「満たさない間」同じ処理を繰り返す処理を書く際に使う構文が「until文」です。
一言で言えば「while文の逆」ですね。

until文4

すでに書いてしまいましたが、until文の書き方は

until(ピヨ太君は起きた?){
 ピヨ太君を起こす
}


のような形が一般的です。

この処理では

1.ピヨ太君が起きたか?の判定
 ※起きていなければ2へ移動。起きていれば終わり
2.ピヨ太君を起こす


を繰り返します。

until文5

注意点として、until文が用意されていないプログラミング言語も少なくありません。
while文で代用できるからです。
例えば

until(ピヨ太君は起きた?){
 ピヨ太君を起こす
}


であれば

while(ピヨ太君は起きた? == false){
 ピヨ太君を起こす
}


とか書けば、同じ処理になります。

ピヨ太君は起きた? == false

の部分は

「ピヨ太君は起きた?」という条件が「false(偽)」ですか?

つまり

ピヨ太君は起きてない?(ピヨ太君は寝ている?)

の意味になります。

ちなみに私は、たとえ用意されていても、until文は使わない派です。
普通の人はwhile文の方が馴染みがあるはずなので、直感的にwhile文の方が分かりやすいと思うからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「until文」って単語が出てきたら「プログラミングで繰り返し処理を書くときの構文なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク