[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

複合グラフ

pointこの用語のポイント

point複数のグラフを組み合わせたグラフだよ

point一般的には棒グラフと折れ線グラフを組み合わせるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

複合グラフとは

「棒グラフの上に折れ線グラフを表示する」のように複数のグラフを組み合わせたグラフのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

複合グラフ

世の中には、いろいろな種類のグラフがあります。

例えば、棒グラフです。
棒グラフは「数字を四角い棒の長さで表現するグラフ」です。
数字の大きい・小さいを比較するのに向いています。
直感的に数字の大小関係を把握しやすいグラフです。

複合グラフ2

あるいは、折れ線グラフです。
折れ線グラフは「点と線で値の推移を表現するグラフ」です。
値そのものは点で表現します。
点同士をつないでいる線を見ることで、値の移り変わり(推移)を把握できます。

複合グラフ3

他にも

円グラフ
帯グラフ
散布図
レーダーチャート
ヒストグラム
ピラミッドグラフ


など、いろいろな種類のグラフがあります。

以上を踏まえて、複数のグラフを組み合わせたグラフが「複合グラフ」です。
例えば、棒グラフと折れ線グラフを組み合わせたりです。

複合グラフ4

「例えば」と書きましたが、棒グラフと折れ線グラフを組み合わせた複合グラフが一般的なはずです。
2種類以上のグラフが登場すれば他の組み合わせでも「複合グラフ」と呼べますが、あまり見かけないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「複合グラフ」って単語が出てきたら「複数のグラフを組み合わせたグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク