[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ポートフォリオ図

pointこの用語のポイント

pointグラフだよ

point横軸と縦軸が中央で交差するよ

point該当する位置にデータを置いていくよ

point2つ(以上)の観点で何かを分析するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ポートフォリオ図とは

横軸と縦軸を中央で交差させて、該当する位置にデータを置いていく……ことが多いグラフ
であり

2つ(以上)の観点で何かを分析するときに使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

ポートフォリオ図

世の中には、いろいろな種類のグラフがあります。
その「いろいろ」の中のひとつで、横軸と縦軸を中央で交差させて、該当する位置にデータを置いていく……ことが多いグラフが「ポートフォリオ図」です。

ポートフォリオ図2

ポートフォリオ図は、2つ(以上)の観点で何かを分析するときに使います。

例えば、そうですね。

横軸を「能力の高さ」にします。
縦軸を「将来性」にしましょう。

ポートフォリオ図3

ピヨ太君、ピヨ子さん、ピヨ太ママの3人を、このポートフォリオ図で表現してみます。

まずはピヨ太君です。
ピヨ太君は、能力が低いです。
ですが、将来性はあります。
これから、すくすくと成長してくれるはずです。

ポートフォリオ図4

ピヨ子さんは、そこそこの能力を持っています。
さらに、将来性もそこそこあります。
将来を期待されている優秀な人間(?)です。

ポートフォリオ図5

ピヨ太ママは、めっちゃ能力が高いです。
ヤバいくらいスゴいです。
その代わり、将来性はありません。
もう、いい大人ですからね。

ポートフォリオ図6

このポートフォリオ図を見ると、3人の立ち位置的なものが何となく見えてきます。

例えば、ピヨ太君とピヨ子さんには、力を入れて教育しても良いかもしれません。
右の方に動いてくれる可能性がありますからね。
上手くいけば、能力も高くて将来性もある完璧超人が生まれます。

ポートフォリオ図7

ピヨ太ママには、これ以上の教育は必要なさそうですね。
将来性がないので力を入れるだけ無駄になりそうです。
ただし、左に行かないようには注意しておく必要があります。

ポートフォリオ図8

今回は「能力の高さ」と「将来性」という観点で3人を分析してみました。
このように2つ以上の観点で何かを分析するときに使うグラフがポートフォリオ図です。

ちなみに、2つ「以上」としたのは、その気になれば3つでもできるからです。
例えば、マークの大きさで「影響力」を表現したりですね。

ポートフォリオ図9

一般的には「市場成長率」と「相対的市場シェア」を軸にして、以下のような図がポートフォリオ図の例として示されることが多いはずです。

ポートフォリオ図10

それぞれの意味は

花形:今もイイ感じだし将来性もある
金の成る木:今はイイ感じだけど将来性はない
問題児:今はイマイチだけど将来性がある
負け犬:今はイマイチだし将来性もない


です。

花形に属するものは、イイ感じで将来性もあります。
一番ニコニコできる場所です。
ここに入っているのは、イケイケドンドンなやつです。

金の成る木は、今はイイ感じです。
ただし将来性はありません。
成熟した場所ですね。
ここに入っているのは、収穫の時期に入っているものです。

問題児は、今はイマイチです。
でも将来性があります。
シェアを奪えれば一気に花形入りするでしょう。
力を入れるべきか撤退するべきか、一番悩ましいところです。
ここに入っているのは「業界としては、これからが楽しみだけど、自社の利益としては、まだそんなに……」なものです。

負け犬は、イマイチで将来性もないところです。
ここに入っているのは、さっさと撤退すべきものです。

この枠に対して、自社の事業を当てはめることで「あぁ、この事業は撤退した方がいいな」や「この事業には、もう少し力を入れるか」などを分析できます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ポートフォリオ図」って単語が出てきたら「2つ(以上)の観点で何かを分析するときに使うグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク