[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

パレート図

pointこの用語のポイント

point棒グラフと折れ線グラフで構成されているよ

point棒グラフは棒の長い順に並べるよ

point累積比率を折れ線グラフで表現するよ

point重点項目を洗い出したりするときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

パレート図とは

棒が長い順に並んだ棒グラフ(数字を四角い棒の長さで表現するグラフ)と累積比率を表現する折れ線グラフ(点と線で値の推移を表現するグラフ)で構成されたグラフ
であり

重要な項目を探したりするときに使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として

グラフ
棒グラフ
折れ線グラフ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

パレート図

棒グラフは「数字を四角い棒の長さで表現するグラフ」です。
棒グラフは直感的に数字の大小関係を把握しやすいグラフです。
数字の大きい・小さいを比較するのに向いています。

パレート図2

折れ線グラフは「点と線で値の推移を表現するグラフ」です。
値そのものは点で表現します。
点同士をつないでいる線を見ることで、値の移り変わり(推移)を把握できます。

パレート図3

以上を踏まえて

1.棒の長い順に並べた棒グラフ
2.累積比率を表現した折れ線グラフ


で構成されるグラフが「パレート図」です。
なお、ここで登場する累積比率は

「自分と自分より左の棒を全部足した長さ」の「全部の棒を足した長さ」に対する割合

を意味します。

パレート図4

パレート図は、あれやこれやを分析するときに使います。
「あれやこれや」の部分は、他のところで勉強してください。

真面目に解説しているところでパレート図の説明を読むと、難しく思えるかもしれません。
「品質改善が、どーたら」とか「重点項目を、こーたら」とか書いてあるでしょう。

ですが、実際には難しくありません。
簡単です。

まず、基本となるのは

1.棒の長い順に並べた棒グラフ

です。

パレート図5

このグラフが意味するところは

左の項目ほど数が大きいよ(大事だよ)

です。

パレート図6

「コイツ、何を偉そうに当たり前のことを言ってんだ?」と思いましたか?
思ったなら、あなたはパレート図の見方を半分理解しています。

例えば、ここに損失金額を表した棒グラフがあるとしましょう。
棒は大きい順に並んでいます。

パレート図7

左に行くほど損失金額が大きい項目です。

パレート図8

ということは、ですよ。

左の方に並んでいる「棒が長い項目」に対処した方が、右の方に並んでいる「棒が短い項目」に対処するよりも、損失金額は劇的に減るはずです。

パレート図9

長い棒(たくさんの損失金額)がなくなるわけですからね。
短い棒(ちょっとの損失金額)がなくなるよりも損失金額は減ります。
どうせ対処するなら、棒が長い項目に対処した方が効率的ですね。

パレート図の見方の基本は、これだけです。
まとめると

1.左の方が割合が大きいよ
2.左の方から対処した方が効果が大きいよ


となります。
図にまとめるまでは大変かもしれませんが、見方自体は簡単でしょ?

次は折れ線グラフの話です。

2.累積比率を表現した折れ線グラフ

の方は、おまけです。

例えば、ここに損失金額を表したパレート図があるとします。

パレート図10

全体の損失金額を8割減らしたいとしましょう。

その場合は、累積比率が8割のところから、縦線を引きます。

パレート図11

あとは、縦線より左の項目に対処するだけです。
縦線より左の項目の棒がなくなれば、損失は8割減になります。

パレート図12

これが累積比率の折れ線グラフの活用法(の一例)です。

簡単でしょ?

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「パレート図」って単語が出てきたら「棒が長い順に並んだ棒グラフと累積比率を表現する折れ線グラフで構成されたグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク