[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

度数分布表

pointこの用語のポイント

point度数分布を表現した表だよ

point階級と度数が表形式でまとめられているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

度数分布表とは

度数分布を表現した表。
もう少し具体的に書くと

連続する何かを区切ったもの(階級)ごとの個数(度数)を表形式でまとめたもの
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「度数分布」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

度数分布は「連続する何かを区切ったものに対する個数のバラつき具合」です。

例えば、そうですね。
資格試験のテスト結果を考えてみてください。

テストの点数は0点から100点まで1点刻みで増えていきます。
「0点から100点まで連続している」と言えるでしょう。

度数分布表

これを、20点刻みで

1.0~20点
2.21~40点
3.41~60点
4.61~80点
5.81~100点


と区切ります。
連続する何かを区切ったわけです。

度数分布表2

区切ったそれぞれのグループは専門用語で「階級」と言います。
階級は「連続する何かを区切ったもの」です。

度数分布表3

イメージは人間社会における階級と同じです。
人間社会における階級は、もともと平等であるはずの人間を何らかの基準によって区切ったものです。
それと同じです。

話を戻します。

テストの点数を

1.0~20点
2.21~40点
3.41~60点
4.61~80点
5.81~100点


と区切りました。

それぞれの区切りごとに、該当する点数の人がいます。

ピヨ太君のテスト結果は62点でした。
「61~80点」のグループに振り分けられます。

度数分布表4

ピヨ子さんは100点でした。
「81~100点」のグループに振り分けられます。

度数分布表5

ピヨ太ママは78点でした。
「61~80点」のグループに振り分けられます。

度数分布表6

ピヨ太パパは70点でした。
「61~80点」のグループに振り分けられます。

度数分布表7

テストを受けた人を全員振り分けたところ、以下の結果になりました。

1.0~20点:0人
2.21~40点:10人
3.41~60点:20人
4.61~80点:10人
5.81~100点:5人


それぞれのグループに振り分けられた人数は専門用語で「度数」と言います。
度数は「階級に振り分けられた何かの個数」です。

度数分布表8

ここまでの作業で、それぞれの階級に対する度数が分かりました。
結果を表にまとめると、以下のようになります。

階級度数
0~20点0人
21~40点10人
41~60点20人
61~80点10人
81~100点5人


この表の内容が度数分布です。
連続する何かを区切ったもの(階級)に対する個数(度数)のバラつき具合を表現したものです。

以上を踏まえて、度数分布を表形式でまとめたものが「度数分布表」です。
つい先ほど出てきた以下の表みたいなやつです。

階級度数
0~20点0人
21~40点10人
41~60点20人
61~80点10人
81~100点5人


階級と度数が表形式で、まとめられていますよね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「度数分布表」って単語が出てきたら「度数分布を表形式でまとめたものなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク