[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

レーダーチャート

pointこの用語のポイント

pointグラフだよ

point中心から放射状に軸が広がっているよ

pointそれぞれの軸の上に点を置いて、隣り合う点同士を線でつなぐよ

point複数の要素をまとめて表現するよ

point全体像を把握したいときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

レーダーチャートとは

キャラクターのステータス値とかを表現するときに使うクモの巣っぽい見た目のグラフ。
もう少し具体的に書くと

中心から放射状に広がっている軸の上に点を打って、隣り合う点同士を線でつないだグラフ
であり

全体像をつかむときに、よく使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

レーダーチャート

世の中には、いろいろな種類のグラフがあります。
その「いろいろ」の中のひとつで

1.軸が中心から放射状に広がっている
2.軸の上に点を置く
3.隣り合う点同士を線でつなぐ


ことで複数の要素を表現するグラフが「レーダーチャート」です。

レーダーチャート2

レーダーチャートは、対象の全体像を表現するときに使います。
キャラクターのステータス値を表現したい場合などです。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がいます。

レーダーチャート3

ピヨ太君のステータス値を数字で表すと以下のようになりました。

知力:3
体力:1
気力:2
度胸:4
幸運:5


これをレーダーチャートで表現すると、以下のようになります。

レーダーチャート4

このレーダーチャートからは

1.体力はない
2.気合は足りない(気力は低い)けど度胸はある
3.運は、ばつぐんに良い


といったことが分かります。

そこからピヨ太君の全体像を読み取れますね。
例えば「能力のバランスは良くないけど運と度胸で世の中を渡っている」などです。

レーダーチャート5

ついでなので、ピヨ子さんも分析してみましょう。

レーダーチャート6

ピヨ子さんのステータス値を数字で表すと以下のようになりました。

知力:5
体力:5
気力:5
度胸:2
幸運:4


これをレーダーチャートで表現すると、以下のようになります。

レーダーチャート7

このレーダーチャートからは

1.文武両道
2.少しだけ臆病
3.普通よりは運が良い


といったことが分かります。

そこからピヨ子さんの全体像を読み取れますね。
例えば「全体的に能力は高いけど度胸が少し足りない」などです。

レーダーチャート8

このように、複数の要素を同時に表現することで全体像をつかみやすくするグラフがレーダーチャートです。
ゲーム好きだったり、設定資料集などを読むのが好きな人であれば、一度は目にしたことがあるはずです。

注意点として、レーダーチャートは軸の取り方によって印象が変わります。

もう一度、先ほどのピヨ太君のレーダーチャートを見てください。

レーダーチャート9

このレーダーチャートからは「能力が偏ってるな~」という印象を受けるはずです。

軸の配置を変えてピヨ太君のレーダーチャートを書き直してみました。
以下のレーダーチャートを見てください。

レーダーチャート10

並べると以下のようになります。

レーダーチャート11

如何でしょう。
軸変更後の方が何となく中央に寄っているように見えませんか?

このように、レーダーチャートは軸の配置によって印象が変わります。
その性質を利用して、意図的に軸の配置を変えている場合もあります。
ご注意ください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「レーダーチャート」って単語が出てきたら「クモの巣っぽい見た目のグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク