[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

二重ドーナツグラフ

pointこの用語のポイント

pointドーナツグラフの中にドーナツグラフが入ってるよ

point構成比を表現するときに使うよ

point「二重円グラフ」と呼ばれる場合もあるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

二重ドーナツグラフとは

ドーナツグラフ(中心部分が空洞の円を区切った扇形で割合を表現するグラフ)の中にドーナツグラフが入っているグラフ
であり

構成比を表現するときに、よく使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

グラフ
円グラフ
ドーナツグラフ
二重円グラフ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

二重ドーナツグラフ

円グラフは「円を区切った扇形で数字(割合)を表現するグラフ」です。
円全体(1周分)で100%と見なします。
その円を扇形に区切ることで、それぞれの占める割合を表現します。
円グラフは構成比を表現するのに向いているグラフです。

二重ドーナツグラフ2

ドーナツグラフは「真ん中が空洞になっている円グラフ」です。
文字通り、ドーナツみたいな見た目をしています。

二重ドーナツグラフ3

直接は関係ありませんが「二重円グラフ」も覚えておいてください。
二重円グラフは「円グラフの中に円グラフが入っているグラフ」です。
ドーナツグラフの中心部分に円グラフが入っているグラフとも言えます。

二重ドーナツグラフ4

以上を踏まえて、ドーナツグラフの中にドーナツグラフが入っているグラフが「二重ドーナツグラフ」です。

二重ドーナツグラフ5

ドーナツグラフは構成比を表現するためのグラフです。
二重ドーナツグラフも構成比を表現するときに使います。

注意点として、二重ドーナツグラフは外側と内側の構成比を比較するには不向きです。
外側の円と内側の円では円周の長さが違うからです。

長さが違う棒で構成比を比較しても分かりにくいですよね?
それと同じです。

二重ドーナツグラフ6

単純に2つの構成比を比較したいだけであれば、二重ドーナツグラフではなく

帯グラフ:横に伸びた四角い棒を区切って割合を表現するグラフ
100%積み上げ棒グラフ:縦に伸びた四角い棒を区切って割合を表現するグラフ


などを使ってください。
ちなみに、帯グラフを縦にしたのが100%積み上げ棒グラフです。
表現できる内容は同じです。

二重ドーナツグラフ7

あっ、そうそう。
二重ドーナツグラフは二重円グラフの仲間です。
二重ドーナツグラフを指して「二重円グラフ」と表現している場合も結構あります。
一応、頭の片隅にでも置いておいてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「二重ドーナツグラフ」って単語が出てきたら「ドーナツグラフの中にドーナツグラフが入ってるグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク