[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

サマリー (summary)

pointこの用語のポイント

pointまとめるよ

point要約するよ

point合計するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

サマリー (summary)とは

「ほんで、まとめるとどーゆーことよ?」のこと。
あるいは

「合計」のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

本来の意味は「概要」や「要約」です。
キュッとまとめてサッと表現すること。

ですが後者の「合計」の意図で「サマリー」と言う人も実は結構います。

「sum関数」と呼ばれる奴がプログラミング言語によってはいるのですが、そいつは合計を求める関数なのです。
多分「sum関数の『sum』は『summary』の省略形」みたいなイメージなのかと。

ちょいと話が逸れますがsum関数の「sum」はsum単体で「合計、総額、総数」などの意味を持つそうですよ。
「summary」や「summation」の省略形ではないようです。

まぁ確かに「数字をまとめる≒和を取る」ではありますもんね。
私も「売上のサマリーを取って」って言われると、売上を合計したくなります。

「○○のサマリーを~」と言われたら、まず「○○を要約して~」と読み替えてみて、それでもおかしかったら「○○を合計して~」と読み替えてみてください。
恐らくそれで意味が通ると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「サマリー」って単語が出てきたら「要約、もしくは合計のことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク