[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ドーナツグラフ

pointこの用語のポイント

point円グラフだよ

point真ん中が空洞だよ

point構成比を表現するときに使うよ

point真ん中の空洞に何を入れるかでグラフの表現するものが変わるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ドーナツグラフとは

真ん中が空洞な円グラフ(円を区切った扇形で割合を表現するグラフ)
であり

構成比を表現するときに、よく使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「グラフ」と「円グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

ドーナツグラフ

円グラフは「円を区切った扇形で数字(割合)を表現するグラフ」です。
円全体(1周分)で100%と見なします。
その円を扇形に区切ることで、それぞれの占める割合を表現します。
円グラフは構成比を表現するのに向いているグラフです。

ドーナツグラフ2

以上を踏まえて、真ん中が空洞になっている円グラフが「ドーナツグラフ」です。
文字通り、ドーナツみたいな見た目のグラフですね。

ドーナツグラフ3

「円グラフと何か違うの?」と思う人もいるかもしれませんね。
真ん中に空洞があるのが違います。
この空洞に何を入れるかで、グラフの表現するものが少し変わるのです。

例えば、空洞部分にグラフのタイトルを入れてみましょう。
場所の節約になります。

ドーナツグラフ4

空洞部分に総数を入れたら、どうでしょうか。
単位や全体の規模が、つかみやすくなりますね。

ドーナツグラフ5

空洞部分に円グラフやドーナツグラフを入れることも可能です。
より多くの情報を表現できます。

ドーナツグラフ6

ちなみに、今回は他の例と合せるために「夜間」「昼間」を中に入れました。
実際には、大きい区切りの中に小さい区切りを入れる方が一般的です。

ドーナツグラフ7

ここまで挙げた例のように、真ん中が空洞なのが、ドーナツグラフの特徴です。
当たり前といえば当たり前ですが、その当たり前がポイントなのです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ドーナツグラフ」って単語が出てきたら「真ん中が空洞な円グラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク