[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

100%積み上げ棒グラフ

pointこの用語のポイント

point縦にした帯グラフだよ

point縦に伸びた棒を区切って割合を表現するよ

point構成比を表現するときに使うよ

point複数項目の構成比を比較するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

100%積み上げ棒グラフとは

縦にした「帯グラフ」のこと。
つまり

縦に伸びた四角い棒を区切って数字(割合)を表現したグラフ
であり

構成比を表現・比較するときに、よく使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは

グラフ
棒グラフ
積み上げ棒グラフ


について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

100%積み上げ棒グラフ

棒グラフは「数字を四角い棒の長さで表現するグラフ」です。
棒グラフは直感的に数字の大小関係を把握しやすいグラフです。
数字の大きい・小さいを比較するのに向いています。

100%積み上げ棒グラフ2

基本的な棒グラフは1つの項目に1つの棒です。
例えば、ピヨ太君、ピヨ子さん、ピヨ太ママが項目として並んでいるとしましょう。
ピヨ太君の棒が1つとピヨ子さんの棒が1つとピヨ太ママの棒が1つで1つのグラフになっています。

100%積み上げ棒グラフ3

それに対して、1つの項目に2つ以上の棒が縦に並んでいる棒グラフは「積み上げ棒グラフ」と言います。
棒自体は1つの項目に1つです。
ただし、複数の棒が合体しています。
1つの棒で2つ以上の数字を表現している棒グラフです。
棒の上に棒を足していくので、何らかの累計を出すのに向いています。

100%積み上げ棒グラフ4

以上を踏まえて、すべての棒の長さが同じ積み上げ棒グラフが「100%積み上げ棒グラフ」です。

100%積み上げ棒グラフ5

100%積み上げ棒グラフで表現できるのは累計ではありません。
構成比です。

棒の長さ全体で100%と見なします。
合体しているそれぞれの棒の長さが、その中で占める割合を表現します。

100%積み上げ棒グラフ6

これが100%積み上げ棒グラフを棒グラフと捉えたときの説明です。

100%積み上げ棒グラフは

縦にした帯グラフ

とも言えます。

帯グラフは、横棒を区切って数字(割合)を表現するグラフです。
棒全体を100%として扱い、その棒を区切ることで、それぞれの占める割合を表現します。

100%積み上げ棒グラフ7

この帯グラフを90度回転させて、横棒を縦棒にしてみましょう。
100%積み上げ棒グラフになりますよね。

100%積み上げ棒グラフ8

よって、100%積み上げ棒グラフは「縦棒を区切って数字(割合)を表現したグラフ」とも解釈できます。

100%積み上げ棒グラフは

すべての棒の長さが同じ積み上げ棒グラフ

とも言えますし

縦にした帯グラフ

とも言えます。
覚えやすい方で覚えてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「100%積み上げ棒グラフ」って単語が出てきたら「縦にした帯グラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク