[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

NULL

pointこの用語のポイント

point何もないことを表すよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

NULLとは

「何もないよー」な意味をあらわす単語
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「何もないことを表す目印」が「NULL」です。
プログラミング言語データベース関連の話で、よく登場します。

数学の世界における「0(ゼロ)」みたいなものですね。
宇宙の話で言えば、ブラックホールみたいなものです。

NULL

例えば……そうですね。

ピヨ太君が、お盆を持っていたとしましょう。

NULL2

お盆の上にミカンが1つ乗っていれば「1」です。

NULL3

お盆の上にミカンが3つ乗っていれば「3」です。

NULL4

お盆の上にミカンが乗っていなければ「0」です。

NULL5

お盆の上に乗っているミカンの数が数字を表しています。
この条件下において、お盆を持っていない状態がNULLです。

NULL6

そんなイメージです。

注意点として、NULLの扱いは、プログラミング言語やデータベースの種類によって、微妙に異なります。

代表的なのは、NULLと空文字(値が無い文字、長さゼロの文字列)の違いでしょう。

空文字は、何も書いていないノートを広げているイメージです。
書く準備はバッチリだけど、まだ書いていない状態です。

NULL7

それに対して、NULLは、ノート自体を広げていないイメージです。
書くものが「何もない」状態です。

NULL8

ただし、プログラミング言語によっては、NULLと空文字を同じと見なします。
NULLと空文字を比較したときに「同じだよ!」と判定されるのです。

もちろん、NULLと空文字を別の物として扱うプログラミング言語もあります。
NULLの扱いについては、都度、確認するようにしてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「NULL」って単語が出てきたら「プログラムの世界で『何もないよー』を表す単語なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク