[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

垂直棒グラフ

pointこの用語のポイント

point棒グラフだよ

point棒が下から上に伸びているよ

point時系列で並べるときに、よく使われるよ

point「縦棒グラフ」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

垂直棒グラフとは

いわゆる「縦棒グラフ」のこと。
つまり

棒が縦に伸びている棒グラフ(数字を四角い棒の長さで表現するグラフ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「グラフ」と「棒グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

垂直棒グラフ

棒グラフは「数字を四角い棒の長さで表現するグラフ」です。
棒グラフは直感的に数字の大小関係を把握しやすいグラフです。
数字の大きい・小さいを比較するのに向いています。

垂直棒グラフ2

棒グラフは、大きく2つに分類できます。
それは

1.棒が縦(下から上)に伸びている棒グラフ
2.棒が横(左から右)に伸びている棒グラフ


の2つです。

垂直棒グラフ3

この2種類の棒グラフのうち

1.棒が縦(下から上)に伸びている棒グラフ

が「垂直棒グラフ」です。
一般的には「縦棒グラフ」と呼ばれます。

垂直棒グラフ4

ちなみに

2.棒が横(左から右)に伸びている棒グラフ

の方は「水平棒グラフ」と言います。
こちらも、一般的には「横棒グラフ」と呼ばれます。

垂直棒グラフ5

垂直棒グラフと水平棒グラフの使い分けは、何となくです。

直感的に、時間経過は左から右に表現するのが一般的ですよね。
ですから、年度別の売上のように時間経過による数値比較を行いたい場合は垂直棒グラフを使います。

垂直棒グラフ6

その年度における事業別の売上のように時間経過が関係ない数値比較を行いたい場合は水平棒グラフを使います。

垂直棒グラフ7

そのような使い分けをする人もいます……が、気にしない人もいます。

視線の流れが上から下の方が良いのか、左から右の方が良いのかにもよりますしね。
絶対の正解はないと思います。

ちなみに私自身は、迷ったら垂直棒グラフを使います。
今まで見た棒グラフを振り返ってみると、何となく垂直棒グラフの方が見る機会が多かったように思えるからです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「垂直棒グラフ」って単語が出てきたら「棒が縦に伸びている棒グラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク