[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

棒グラフ

pointこの用語のポイント

pointグラフだよ

point数字を四角い棒の長さで表現するよ

point数字同士を比較するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

棒グラフとは

数字を四角い棒の長さで表現するグラフ
であり

数字同士を比較するときに、よく使うグラフ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「グラフ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

グラフは「パッと見でイメージしやすいように、数値を絵で表現したもの」です。
数字同士を比較したり、比率や推移、分布などを表現するときに使います。
何を表現するかはケース・バイ・ケースです。
グラフの見た目もケース・バイ・ケースです。

棒グラフ

世の中には、いろいろな種類のグラフがあります。
その「いろいろ」の中のひとつで、数字を四角い棒の長さで表現するグラフが「棒グラフ」です。

棒グラフ2

棒グラフは数字の大きい・小さいを比較するのに向いているグラフです。

例えば、そうですね。

ピヨピヨカンパニーの2017年1月の営業成績は以下の通りでした。

名前成績
ピヨ太100万円
ピヨ子300万円
ピヨ太ママ200万円


一番、成績が良かったのは誰でしょう?

そうですね。
ピヨ子さんです。

数字を読めば分かります。

ですが、お酒をしこたま飲んで、ベロンベロンに酔っぱらっているときだったら、どうでしょう。
はたして、すぐに答えられますかね?
少し難しいのでは、ないでしょうか。

この営業成績を棒グラフで表現すると以下のようになります。

棒グラフ3

今度は、どうでしょう。
一番、成績が良かったのは誰ですか?

そうですね。
ピヨ子さんです。

パッと見で分かります。

今度は、ベロンベロンに酔っぱらっていても答えられそうです。
もちろん個人差はありますけどね。

単純に

棒が長い:数字が大きい
棒が短い:数字が小さい


です。
直感的に大小関係を把握しやすいので、営業成績や売上等の数字を比較する際に、よく使われます。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「棒グラフ」って単語が出てきたら「数字を棒の長さで表現するグラフなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク