[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ツーファクタ認証

pointこの用語のポイント

point認証のやり方だよ

point3つの要素のうち2つを確認するよ

point「本人のみ知っていること」「本人のみ持っている物」「本人の特徴」が3つの要素だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ツーファクタ認証とは

「二要素認証」のこと。
つまり

「本人のみ知っていること」「本人のみ持っている物」「本人の特徴」の3つの要素のうち、2つを確認することで行う認証(身元確認)のやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「二要素認証」の説明と、ほとんど同じです。既に「二要素認証」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

本人だと判断するための3つの要素

1.本人のみ知っていること
2.本人のみ持っている物
3.本人の特徴


のうち、2つを確認することで行う認証のやり方が「ツーファクタ認証」です。
日本語で「二要素認証」と呼ばれる場合や「2 factor authentication(ツー・ファクター・オーセンティケーション)」を省略して「2FA」と表現される場合もあります。

「1.本人のみ知っていること」は、例えば、パスワードです。

ツーファクタ認証

パスワードは本人しか知らない情報です。
それを知っていれば本人だと判断できます。

「2.本人のみ持っている物」は、例えば、IDカードです。

ツーファクタ認証2

IDカードは本人しか持っていない物です。
それを持っていれば本人だと判断できます。

「3.本人の特徴」は、例えば指紋です。

ツーファクタ認証3

指紋は本人しか持っていない特徴です。
本人の指紋と一致すれば、本人だと判断できます。

指紋はともかく、パスワードとIDカードは、それだけで確認するのは少し不安です。
パスワードは、どこかから漏えいするかもしれません。
IDカードは、落としたのを誰かに拾われるかもしれません。
はたして本当に本人なのか、不安ですね。

だったら、組み合わせればいいじゃない。

それだけで確認するのが不安なら、他のものも確認すればいいじゃない。

そんな心意気で

1.本人のみ知っていること
2.本人のみ持っている物
3.本人の特徴


のうち2つを組み合わせて確認するのがツーファクタ認証です。

「ツーファクタ認証」という用語には馴染みがないかもしれませんが、みなさんの身近でも使われています。

例えば、銀行のキャッシュカードです。

銀行のATMでお金をおろすときは

1.「キャッシュカード」を入れて
2.「暗証番号」を入力する


ことで本人確認を行います。

キャッシュカードは「本人のみ持っている物」です。
暗証番号は「本人のみ知っていること」です。
3つの要素のうち2つを使って身元確認していますね。
ツーファクタ認証です。

他にも、いろいろな例があると思います。
気が向いたら、探してみてください。

あっ、そうそう。
たまにですが、単純に「2つの要素を使った認証」を意図して「ツーファクタ認証(二要素認証)」という表現を使っている人もいます。

1.本人のみ知っていること
2.本人のみ持っている物
3.本人の特徴


の3要素にこだわらず「何かを2つ確認して認証するやり方」を意図している場合です。
できれば、そこら辺はゆるく解釈してあげてください。
前後の文脈から意図は判断できるはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ツーファクタ認証」って単語が出てきたら「『本人のみ知っていること』『本人のみ持っている物』『本人の特徴』のうち2つを使って身元確認するやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク