[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

特権的アクセス権

pointこの用語のポイント

point何でもできるよ権限だよ

pointroot権限とかadmin権限のことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

特権的アクセス権とは

root権限とかadmin権限のこと。
もう少し具体的に書くと

管理者権限(何でもできるぜ権限)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

先に「rootroot権限)」と「Administratoradmin権限)」の説明をしておきます。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

rootは「UNIX系のOSLinuxとか)における、一番偉いユーザ」です。
何でもできる王様みたいなやつです。

特権的アクセス権

いわゆる「管理ユーザ」と呼ばれるやつですね。
鍵で言えば、マスターキーに該当します。

rootの持っている権限は、一般的に「root権限」と呼ばれています。
root権限は「何でもできるぜ権限」です。
「管理者権限」というやつです。

次はWindowsの話です。

Windowsにおける管理ユーザは「Administrator」と言います。
Linuxにおけるrootが、WindowsにおけるAdministratorだと解釈してください。
Administratorもrootと同じです。
何でもできる王様みたいなやつです。

特権的アクセス権2

※2017年1月現在の状況ですが、最近のWindowsには、Administratorより偉い「TrustedInstaller」というユーザがいます。Administratorが「王」だとすれば、TrustedInstallerは「神」です。話がややこしくなるので、本ページではTrustedInstallerには触れません。気になる方は他のところで勉強してください。

Administratorの持っている権限は、一般的に「admin権限」と呼ばれています。
admin権限もroot権限と同じです。
「管理者権限」というやつです。
「何でもできるぜ権限」です。

以上を踏まえて、root権限とかadmin権限、言い換えると「管理者権限」をカッコ付けて言ったのが「特権的アクセス権」です。
特権的アクセス権を持っているユーザは王様になれます。

特権的アクセス権3

特権的アクセス権は一般的に、システム管理者に付与される権限です。
出てきたら「管理者権限」と読み替えてください。

某・資格試験の過去問に出てきたので取り上げてみましたが、私は仕事関係で「特権的アクセス権」という表現を聞いたことがありません。
お役所言葉に近い用語だと解釈しています。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「特権的アクセス権」って単語が出てきたら「何でもできるぜ権限なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク