[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データウェアハウス (DWH)

pointこの用語のポイント

pointデータベースだよ

point過去データを整理して置いておくよ

point分析したりするのに使うよ

point更新や削除はしないよ

point私もいまいちよく分かってないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データウェアハウス (DWH)とは

過去データを整理して保管しておく「倉庫」的な役割を果たすデータベースのこと。
もう少し具体的に書くと

日次や月次の過去データを整理・分類して保管しておいて、何かを分析したりするときに使うデータベース
です。
あるいは

整理して保管された履歴データを使って、あれやこれやの分析をするシステム
です。

image piyo

詳しく書くよ

はじめに留意事項です。
実は私は、この用語の意味を、いまいち理解できていません。

いろいろ調べたのですが、ごちゃごちゃと小難しいことが、いろいろ書いてあってですね。
それらの説明を読んで「あれ?これってスゴい単純な意味じゃない?」と思いました。
とはいえ、あれだけごちゃごちゃと書いてあるのですから、私が理解したような単純な意味なのか自信が持てません。

ということで、本ページの説明は、あくまで私が「こんな意味なんじゃないかな?」と思った内容の説明です。
もし間違っていたら、ごめんなさいね。

そんな感じで華麗に言い訳したところで、説明していきます。
まずは予備知識からいきましょう。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

データウェアハウス

以上を踏まえて「過去データを整理して保管しておくデータベース」が「データウェアハウス」です。
data warehouse(データ・ウェアハウス)」の頭文字を取って「DWH」と表現されることもあります。
「ウェアハウス」の意味は「倉庫」だそうです。
保管したデータは、何かを分析するのに使います。

例えば、そうですね。

ピヨピヨカンパニーでは、毎日の売上履歴をデータベースに記録しています。
売上履歴には「どの商品が何個売れた」や「買ったのは、どんな人だった」のような情報も含まれています。

データウェアハウス2

さらに、その内容を整理して、別のデータベースに書き写しています。
入れるのは時系列順ですが、その過程において、特定のルールに従ってデータをあれやこれやしています。

データウェアハウス3

あと、本店や支店のデータも統合しています。

データウェアハウス4

整理して保管された過去データは、ピヨピヨカンパニーの経営状況を分析したりするのに使われています。

データウェアハウス5

過去データが整理して保管されているデータベースがデータウェアハウスです。

データウェアハウス6

もしくは、過去データが整理して保管されているデータベースの中身(整理された過去データ)を使って何らかの分析をするシステムを指して「データウェアハウス」と呼ぶこともあるようです。

データウェアハウス7

データウェアハウスの要件としては、以下の4つがあります。

1.整理・分類されている
2.統合されている
3.時系列のデータである
4.更新したり削除したりしない


この4つの条件を満たす分析用のデータベースがデータウェアハウスです。

……これ、本当に、こんなごちゃごちゃした説明をする必要があるのですかね。
個人的には「整理した履歴データを入れておいて分析で使うデータベース」で説明が終わる気がします。
そんなに単純な話では、ないのでしょうか。
よく分かりません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データウェアハウス」って単語が出てきたら「過去データ(履歴データ)を整理して保管しておくデータベースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク