[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

データ辞書

pointこの用語のポイント

point扱うデータの一覧だよ

point名前や意味を書いておくよ

pointデータ項目を一元管理するためのものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

データ辞書とは

「データディクショナリ」のこと。
つまり

そのシステムで扱うデータの定義(名前とか意味とか)をまとめた一覧のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「データディクショナリ」の説明と、ほとんど同じです。既に「データディクショナリ」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

一言で言えば「そのシステムで扱うデータの定義をまとめた辞書」が「データ辞書」です。
一般的には「データディクショナリ」と呼ばれます。

データ辞書

例えば、そうですね。

ピヨ太君とピヨ子さんが、ぴよぴよシステムの開発を行っています。

データ辞書2

ピヨ太君は、とある機能を作る際に「ミカン」という名前のデータと「リンゴ」という名前のデータを定義して使いました。

データ辞書3

ピヨ子さんは、とある機能を作る際に「アップル」という名前のデータと「ケーキ」という名前のデータを定義して使いました。

データ辞書4

……あれ?
ピヨ太君の作ったデータ「リンゴ」とピヨ子さんの作ったデータ「アップル」は同じデータっぽいですね。

実際に同じでした。
どちらも、赤くて美味しい「りんご」のつもりで定義したデータでした。

これは良くないですね。
同じデータに対して、別の名前が付いています。

データ辞書5

逆のケースも考えられます。

ピヨ子さんが定義したデータ「ケーキ」は苺ショートのつもりでした。

データ辞書6

ところがどっこい、ピヨ太君もデータ「ケーキ」を定義してしまいました。
ピヨ太君が定義したデータ「ケーキ」は、ブッシュ・ド・ノエルのつもりです。

データ辞書7

これも良くないですね。
別のデータに対して、同じ名前が付いています。

データ辞書8

このような事態を避けるために用意する「そのシステムなり何なりで扱うデータの一覧」がデータ辞書です。
データ辞書には扱うデータの名前や意味、属性などを書いておきます。

ピヨ太君はデータ「ミカン」「リンゴ」を定義しました。
この「ミカン」と「リンゴ」をデータ辞書に登録します。

データ辞書9

ピヨ子さんはデータ「アップル」「ケーキ」を定義しました……が、データ辞書を見て気付きました。
ピヨ太のやつが「アップル」っぽいデータに「リンゴ」という名前を付けています。

データ辞書10

これを見なかったことにするのはヤバそうです。
ピヨ子さんは自分の使っていた「アップル」を「リンゴ」に変更しました。

データ辞書11

そして、データ「ケーキ」のみをデータ辞書に登録しました。

データ辞書12

話は続きます。

ピヨ太君はデータ「ケーキ」を定義しました……が、データ辞書を見て気付きました。
ピヨ子さんが、すでに「ケーキ」という名前のデータを定義しています。

データ辞書13

しかも、ピヨ子さんの定義したデータ「ケーキ」は苺ショートのことです。
ブッシュ・ド・ノエルを使いたいピヨ太君はデータ「ケーキ」を使えません。

データ辞書14

仕方がないので、ピヨ太君はデータ「ケーキ」を「BDN」に変更しました。
ちなみに「BDN」は「ブッシュ・ド・ノエル」の頭文字を取ったようです。
ピヨ太のくせに気取りやがって。

データ辞書15

これでOKです。
ピヨ太君はデータ「BDN」をデータ辞書に登録しました。

データ辞書16

さらに、ピヨ太君は考えました。
苺ショート以外のケーキも登場したので、苺ショートに対して「ケーキ」という名前を付けておくのは、まぎらわしい気がします。

データ辞書17

ピヨ太君はピヨ子さんに頼んで、データ「ケーキ」の名前を「苺ショート」に変えてもらいました。

データ辞書18

システムで扱うデータの定義をデータ辞書にまとめることで

1.同じデータに別の名前を付ける
2.別のデータに同じ名前を付ける


といった事態を回避できます。
扱うデータの定義を一元管理することによって、おかしなことになったり、まぎらわしい事態になることを避けられるわけです。

嬉しいのは、それだけでは、ありません。

そうこうするうちに、ぴよぴよシステムが完成しました。
システムが完成したとき、データ辞書には以下の内容が書いてあります。

・ミカン
・リンゴ
・苺ショート
・BDN(ブッシュ・ド・ノエル)

(以下略)


データ辞書に書いてある内容が、ぴよぴよシステムで扱う全データです。
次の開発をしたり、ぴよぴよシステムの中身を理解する上で参考になりそうですよね。

データ辞書19

補足として、データ辞書としての役割を果たす何かを指して「データ辞書(データディクショナリ)」と呼んでいることもあります。
「扱うデータの定義をまとめた一覧」としての役割を果たす何かです。

具体的に何を指すかは、分野や前後の文脈によって変わってくると思います。
それぞれの分野の解説書とかで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「データ辞書」って単語が出てきたら「扱うデータの定義をまとめた一覧なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク