[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンテンツフィルタ (contents filter)

pointこの用語のポイント

pointソフトとか機能だよ

point指定した内容のホームページを表示させないよ

point見せたくない人に見せたくないページを見せないためのものだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンテンツフィルタ (contents filter)とは

インターネットでやり取りしている内容(見ようとしているホームページの内容)を監視し、エッチな内容やグロい内容など、あらかじめ「これは見せちゃダメだよ」と登録してある内容を表示しようとしたら「おっと、それを見せるわけにはいかねーぜ!」と遮断するソフトや機能のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「見せたくないホームページを遮断する」ソフトとかソフトに付いている機能が「コンテンツフィルタ」です。
子どもに見せたくないエッチなホームページを遮断したり、仕事をサボってネットサーフィンしないように娯楽系のホームページを遮断するためのものです。

例えば、そうですね。

ピヨ太君がインターネットを使って仕事をしています。

コンテンツフィルタ

……と見せかけて遊んでいました。
エロエロ画像を見たり、ぴよぴよニュースを見たり、やりたい放題です。

コンテンツフィルタ2

それに気付いたピヨ太ママはピヨ子さんに監視させることにしました。
ピヨ太君が仕事に関係ないホームページを見ようとしたらインターネットの線を引っこ抜くように指示を出します。

コンテンツフィルタ3

ピヨ太ママの指示に従い、ピヨ子さんはピヨ太君が見るホームページの内容を監視します。

コンテンツフィルタ4

おっと、ピヨ太君がエロエロなホームページを見ようとしているようです。
これは、お仕事に関係ないですね。

コンテンツフィルタ5

ピヨ子さんは、すかさずインターネットの線を引っこ抜きました。

コンテンツフィルタ6

結果、ピヨ太君のパソコンの画面にエロエロなホームページは表示されませんでした。

コンテンツフィルタ7

ピヨ子さんは、ピヨ太ママから「これは見せたくない」と言われた内容を表示させないお仕事をしています。
この話におけるピヨ子さんに相当するソフトや機能がコンテンツフィルタです。

コンテンツフィルタ8

何をもって「これは見せたくないホームページだな」と判定するかは、ソフトの種類や設定によります。
例えば

1.キーワードに「エロエロ」を指定しておき、ホームページの内容に「エロエロ」の文字が含まれていたら表示しない
2.キーワードに「eroero」を指定しておき、ホームページの住所(URL)に「eroero」の文字が含まれていたら表示しない


などです。

一般的には、1を指して「コンテンツフィルタ」と表現することが多いと思います。
「ホームページの内容」に指定キーワードがあれば遮断するソフトや機能です。

2の方は「URLフィルタ」と呼ばれます。
「特定のURL(もしくは特定のURL以外)」のページを遮断するソフトや機能です。

個人的には、URLフィルタはコンテンツフィルタに含まれると考えていますけどね。
別の物と解釈している人は

コンテンツフィルタ:「ページの中身(コンテンツ)」を元にして遮断するか判定
URLフィルタ:「URL」を元にして遮断するか判定


と区別しているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンテンツフィルタ」って単語が出てきたら「(ホームページの中身を判断基準にして)見せたくないホームページを見せないソフトや機能なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク