[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

結合試験 (IT)

pointこの用語のポイント

pointシステム開発における工程のひとつだよ

point「合体して、ちゃんと動く?」を確認するためのテストだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

結合試験 (IT)とは

システム開発における工程のひとつ
であり

「合体して、ちゃんと動く?」を確認するテストのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

システムを作るときにはですね。
システム全体をまとめて一気に作ることは、ほとんどありません。
機能や部品単位で分けて作って、最後にそれを合体させることで完成するのが普通です。

システムというのは、普通のロボットではなくて、合体ロボなのです。
ピヨレッドからピヨピンクまでが合体して、ピヨピヨ大魔神になります。

結合試験

この合体ロボが「合体しても、ちゃんと動くか?」を確認するのが「結合試験」です。

結合試験2

結合試験は「Integration Test(インテグレーション・テスト)」の頭文字を取って「IT」と表現される……場合もありますし「Joint Test(ジョイント・テスト)」の頭文字を取って「JT」と表現される場合もあります。
どの省略表現を使うかは、プロジェクトの文化次第です。
お仕事環境に合わせて、適当に読み替えてください。

せっかくなので、もう少しシステム的な例も挙げておきましょう。

例えば、あなたが今見ている「わわわIT用語辞典」ですが

1.用語を登録する機能
2.用語を表示する機能
3.用語を検索する機能


を別々に作ってあります。
3つの機能が合体して、1つの「わわわIT用語辞典」として機能しているのです。

結合試験3

システムというのは、それぞれの機能がきちんと動いているからといって、必ずしも全体がきちんと動いているとは限りません。
例えば、登録はできる、表示もできる、検索もできる、でも何故か登録した一部の用語だけは検索できない、といった事態もありえるでしょう。

このような事態を回避するため、それぞれの機能が連携しても問題が出ないかを確認しておく必要があります。
例えば「登録した用語を、きちんと検索できるか?」などです。

この「それぞれの機能が連携しても、システムとしてきちんと動くか」を確認するテストが結合試験です。
合体したシステム全体を見たときに、おかしなことになっていないかの確認ですね。

結合試験4

以上で結合試験の説明は終わりですが、せっかくなので「単体試験」にも触れておきます。

単体試験は「合体前のそれぞれの機能がきちんと動くか」を確認するテストです。
ピヨピヨ大魔神に合体する前のピヨレッドたちの動きを確認します。

結合試験5

わわわIT用語辞典の例で言えば「用語を登録できるか?」「用語を表示できるか?」「用語を検索できるか?」などです。
それぞれの機能自体が問題なく動くかを確認します。

結合試験6

結合試験と単体試験は、セットで覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「結合試験」って単語が出てきたら「合体してちゃんと動くかを確かめるテストなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク