[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

GNU GRUB

pointこの用語のポイント

pointLinuxのブートローダだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

GNU GRUBとは

Linuxのブートローダ(起動時に呼び出されて、OSを動かすプログラム)のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「OS」と「Linux」あとは「ブートローダ」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSは「パソコンさんの人格に相当するソフト」です。
パソコンさんは、中にOSを入れることによって、パソコンとして動くことができます。
「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

GNU GRUB

OSと呼ばれるソフトには、いくつかの種類があります。
その中のひとつが「Linux」です。

ここでは

LinuxはOS(コンピュータの人格に相当するソフト)だよ

というのを覚えておいてください。

次に「ブートローダ」の説明をします。

ブートローダは「起動時に呼び出されて、OSを動かすプログラム」です。

GNU GRUB2

例えば、そうですね。

ピヨ太君がパソコンさんの電源をポチッと入れました。

GNU GRUB3

このとき、まず動き出すのは「BIOS」と呼ばれるプログラムです。
※技術の進歩と共に、BIOSの後継者っぽい「UEFI」なんてやつが出てきました。ややこしくなるのでBIOSとUEFIの違いは説明しません。興味がある方は適当に他のところで勉強してください。本ページの説明においてはBIOSで考えてもUEFIで考えても問題ありません。好きな方で解釈してください。

GNU GRUB4

BIOSは「パソコンさんの電源が入って最初に動く、主にハードウェアを制御するプログラム」です。
一般的に、BIOSさんは「マザーボード」と呼ばれる、パソコンさんの中にある大事な部品にくっついています。
電源がポチっと押されると、マザーボードに電気が流れます。
マザーボードに電気が流れると、BIOSさんが叩き起こされます。
叩き起こされたBIOSさんが、ハードディスクを動かしたりキーボードにお仕事の準備をさせたりします。

BIOSさんはOSも動かします。
ただし、BIOSさんが直接、OSさんに対して「起きろよー。起きて働けよー」と命令するわけではありません。
BIOSさんは、ブートローダさんに対して「起きろよー。起きて働けよー」と命令します。

GNU GRUB5

むにゃむにゃ。
ブートローダさんは、二度寝したい誘惑をこらえて起きました。

GNU GRUB6

ブートローダさんの役目はOSを起こすことです。
ブートローダさんがOSに対して「起きろよー。起きて働けよー」と命令します。

GNU GRUB7

むにゃむにゃ。
OSさんは、二度寝したい誘惑をこらえて起きました。

GNU GRUB8

これが、OSが起動するまでの流れであり、ブートローダさんの役割です。

本当はもっと複雑ですが、ざっくり書くと

電源投入
 ↓
BIOS起動
 ↓
ブートローダ起動
 ↓
OS起動


の流れになります。

GNU GRUB9

以上を踏まえて、Linuxのブートローダ(のひとつ)が「GNU GRUB」です。
ブートローダには、いくつかの種類があります。
その中のひとつです。

GNU GRUBの特徴は……あーだこーだのげふんげふんです。
ガッツリ書いてもいいのですが、マニアックな話になるので止めておきます。
興味がある方は他のところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「GNU GRUB」って単語が出てきたら「Linuxのブートローダ(起動時に呼び出されて、OSを動かすプログラム)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク