[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

青歯

pointこの用語のポイント

pointBluetoothのことだよ

point機器同士で無線通信するときの規格だよ

point赤外線通信のもっとすごい版だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

青歯とは

「Bluetooth」のこと。
つまり

赤外線通信のもっとすごい版のこと
であり

デジタル機器用の近距離無線通信規格のひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「Bluetooth」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

Bluetoothは「パソコンスマホキーボード等の周辺機器無線でつなぐ際の通信規格のひとつ」です。
一言で言ってしまえば無線ですよ、無線。

青歯

よく分からなければ、まず赤外線通信をイメージしてください。
そいつのお仕事を奪っちゃったやつ(同じようなことをやれるやつ)がBluetoothです。

赤外線通信をするときは機器同士をかなり近づけなくてはいけません。
ついでに、間に邪魔者が入っていたら通信はできません。

一方のBluetoothは、赤外線通信よりも機器同士を離しても通信できます。
間に壁などの邪魔者が入っていても、ある程度は通信できます。
距離や邪魔者に対して赤外線通信よりも強いのです。
もちろん限界はありますけどね。

「できることは赤外線通信さんと似てるけど、俺の方がスゴいんだぜー!」なやつがBluetoothさんです。

以上を踏まえて、Bluetoothを意図した俗称が「青歯」です。
恐らく

Bluetooth
 ↓
Blue・tooth
 ↓
青・歯
 ↓
青歯


な変化を遂げたのでしょう。

青歯2

そもそも「Bluetooth」の名前自体が「青歯王(ハーラル1世)」に由来するらしいので、間違いではないのですけどね。
Bluetoothを「青歯」呼びするのは、単に英語を日本語に読み替えただけだと思います。

Bluetoothを「青歯」呼びするのは、Macを「林檎」と呼んだり、Windowsを「」と呼んだり、Amazonを「密林」と呼んだりするのと同じです。
そんな隠語っぽい俗称に対して「おっ、カッコいいじゃん」と思う人もいれば「痛い人だなぁ」と感じる人もいるはずです。

使う場合は、相手と状況を見て使うようにしてください。
個人的には、仕事のやり取りでは使わない方が無難な表現だと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「青歯」って単語が出てきたら「Bluetoothのことなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク