[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

出力データ

pointこの用語のポイント

point出てきたデータだよ

point「入力データ」の対義語だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

出力データとは

対象から出てきたデータのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

出力」+「データ」で「出力データ」です。

出力データ

出力は「出る」の意味で使う用語ね。

出力データ2

データはデータです。
判断材料になる何かを指します。
とはいえ「データ」で分かりますよね?

以上を踏まえて、対象から出てきたデータが出力データです。

出力データ3

例えば、そうですね。

ピヨ太君がピヨ子さんにケーキをあげました。

出力データ4

ピヨ子さんはピヨ太君に「ありがとう」とお礼を言いました。

出力データ5

ピヨ子さんから言われた「ありがとう」というお礼の言葉が「ピヨ子さんからの出力データ」です。
お礼の言葉は、ピヨ子さんから出てきていますよね。

出力データ6

あと、ついでなので書いておくと、出力データの逆、対象に入れたデータは「入力データ」と言います。

先ほどの例であれば、ピヨ子さんにあげたケーキが「ピヨ子さんに対する入力データ」です。
ケーキは、ピヨ子さんの中に入っていますよね。

出力データ7

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

・出力データ:出てきたデータ
・入力データ:入れたデータ


です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「出力データ」って単語が出てきたら「出てきたデータなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク