[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ベンチマーキング (benchmarking)

pointこの用語のポイント

point物事を改善する際のやり方だよ

point目標となる相手を定めるよ

point目標と自分を比較しながら改善していくよ

point目標の良いところを取り込んだりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ベンチマーキング (benchmarking)とは

「儲かってる会社をお手本にして自分の会社を改善していくぜ!」作戦のこと。
もう少し具体的に書くと

目標とする相手(お手本)を定め、お手本と自分を継続的に比較して、お手本と自分の違っているところを意識しながら改善していくやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「お手本と自分を比較しながら改善していくやり方」が「ベンチマーキング」です。
お手本には、業界で一番儲かっている会社とか、業界で中心的な存在の会社とか、自分が目標にしたい相手を設定します。

例えば、そうですね。

ピヨ太君はボンクラ社員です。
営業部に所属していますが、ピヨ太君の営業成績は、いつも最下位です。

ベンチマーキング

ピヨ子さんは、ありえないくらい優秀です。
営業成績は常に1番です。

ベンチマーキング2

ピヨ太君は「自分もピヨ子さんみたいに優秀な成績を残したいなぁ」と思いました。
ピヨ太君も一応、成績は気にしているようですね。

ベンチマーキング3

ピヨ太君は「よし!僕もピヨ子さんみたいになるぞ!」と誓いました。
そして、こっそりピヨ子さんをお手本にすることにしました。

まずピヨ太君が気になったのは、自分とピヨ子さんの違いです。
なんで、ここまで成績に差がつくのだろう?
ピヨ太君は、ピヨ子さんの行動をジーっと観察しました。

ベンチマーキング4

ふむふむ、なるほど。

なんと!
ピヨ太君は会社に着くとお昼寝しますが、ピヨ子さんはお昼寝しなかったのです。
ピヨ太君がお昼寝している間、ピヨ子さんはお客さまに電話をしていました。

ベンチマーキング5

さらに!
ピヨ太君は昼ご飯を食べたらお昼寝しますが、ピヨ子さんはお昼寝しなかったのです。
ピヨ太君がお昼寝している間、ピヨ子さんはお客さまに電話をしていました。

ベンチマーキング6

「なるほど。僕がお昼寝している間、ピヨ子さんはお客さまに電話をかけていたのか」とピヨ太君は気付きました。
そこでピヨ太君も、お昼寝しないで、お客さまに電話をかけることにしました。

ベンチマーキング7

次の月、ピヨ太君の営業成績は、ちょっぴり上がりました。
良かったですね、ピヨ太君。

ベンチマーキング8

おっと、ピヨ太君は意外と欲張りさんみたいです。
「う~ん、まだまだピヨ子さんの成績は遠いなぁ」と不満を感じています。

ベンチマーキング9

そこでピヨ太君は、先月と同様にピヨ子さんの行動をジーっと観察しました。

ベンチマーキング10

ふむふむ、なるほど。

なんと!
ピヨ子さんは、お客さまと電話で話している間、ずっと笑顔だったのです。
素人には分からないくらいの微妙な表情の違いですが、確かに笑顔です。

ベンチマーキング11

それに対してピヨ太君は、ぼーっとした顔で電話をします。

ベンチマーキング12

ふむ、もしかしたら、これも何か影響しているのかもしれませんね。
ピヨ太君は、お客さまと電話するときは笑顔を意識するようにしました。

ベンチマーキング13

次の月、ピヨ太君の営業成績は、ちょっぴり上がりました。
良かったですね、ピヨ太君。

ベンチマーキング14

この話において、ピヨ太君は

1.お手本を決める
2.お手本と自分を比較する
3.お手本と自分の違いを踏まえて行動を改善する


を継続的に実行することで自分を変えていきました。

このような「お手本を設定して、お手本と自分を比較しながら改善していくやり方」がベンチマーキングです。

以上でベンチマーキングの大雑把な説明は終わりですが、いくつか補足していきます。

まず、ベンチマーキングを勉強していると「ベストプラクティス」という用語が出てくるはずです。
これは「お手本」と読み替えてください。

ベストプラクティス自体の意味は「一番良いやつ!」とか、そんな感じです。
どうせお手本にするなら、ショボイやつよりスゴいやつの方が良いですよね。
ベンチマーキングをするときは、普通は一番良いやつをお手本にするのです。

例えば

ベンチマーキングとは、ベストプラクティスと比較・分析し、経営改善をはかる手法

と出てきたら

ベンチマーキングとは、一番良いやつと比較・分析し、経営改善をはかる手法

と読み替え、さらに

ベンチマーキングとは、お手本と比較・分析し、経営改善をはかる手法

と読み替えてください。

次に、ベンチマーキングというのは、もともとは経営用語?です。
対象は会社であり、お手本となる会社と自社とを比較します。

ただし、現在では、もう少しゆるい意図で使われているようです。
比較対象となるのは、製品や業務のやり方、サービスの内容など多岐に渡ります。

最後に、コンピュータの世界に「ベンチマークテスト」という用語があります。
ベンチマークテストの意味は「コンピュータさんの体力測定」です。
処理速度などの性能を測るテストを指します。

このベンチマークテストとベンチマーキングは、名前が似ているだけで赤の他人です。
……というほど無関係ではありませんけどね。
意味を関連付けて覚えようとすると余計に分かりにくくなると思います。
素直に別の用語として覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ベンチマーキング」って単語が出てきたら「お手本と自分を比較しながら改善していくやり方なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク