[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

コンチプラン

pointこの用語のポイント

point災害とかが起こったときにどう対処するかの計画だよ

point「どうやって被害を抑えるか」が観点だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

コンチプランとは

「コンティンジェンシープラン」のこと。
つまり

災害等のなんかヤバいことが起こったときに対する備えのひとつ
であり

「ヤバいことが起こったら、被害を抑えるために、こんな対応をしようぜ~」な計画のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

コンティンジェンシープランは「ヤバい事態になったときに(被害を抑えるために)どう対処するかの計画」ね。

コンチプラン

コンティンジェンシーの意味は「不測の事態」です。
プランの意味は「計画」です。
くっつけると「不測の事態に備えた計画」になります。

「不測の事態」に該当するのは、災害や事故、事件、その他もろもろの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な出来事です。
コンピュータ関連であれば、情報漏えいや不正アクセスなんかも含みます。

それらの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な状況を想定し「もし、こんなヤバいことになったら、こんな対応を取ろうね」をまとめた計画がコンティンジェンシープランです。

以上を踏まえて、コンティンジェンシープランの省略表現?が「コンチプラン」です。
「コンティンジェンシープラン」と言うのは長ったらしいので、どこかの誰かが縮めたのですかね。

これでコンチプラン自体の説明は終わりですが、せっかくなので「事業継続計画(BCP)」にも触れておきましょう。

事業継続計画(BCP)の意味は「ヤバい事態になったときに、どうやって事業を続けるかの計画」です。
災害や事故、事件、その他もろもろの「あっ、これってヤバいんじゃね?」な出来事が起こったときに、どうやって事業を続けていくかの計画です。

コンチプラン2

あれ?
コンチプランと似ていますね。
何が違うのでしょう?

計画の観点が違います。

コンチプラン:観点は「どうやって被害を抑えるか」
事業継続計画(BCP):観点は「どうやって事業を続けるか」


です。

例えば、ピヨピヨカンパニーの自社ビル「ピヨピヨカンパニービル」に隕石が激突したとしましょう。
ピヨピヨカンパニービルは、ぐっちゃぐちゃになりました。

コンチプラン3

コンチプランで定めておくのは、例えば

・社員はピヨ太君の元に集まって指示を仰ぐ
・ボロボロなビルに入ると危ないから、自宅待機とする
・お客さまにはピヨ太君が事情を説明する


などです。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって被害を抑えようかね?」を考えた計画です。

それに対して、事業継続計画(BCP)では

・ピヨ太君の自宅を仮のオフィスにする
・ピヨ太君の自宅は狭いから、社員はそれぞれの自宅で仕事をする
・お客さまにピヨ太君が事情を説明して支援をお願いする


のようなことを決めておきます。
「やっべーことになったなぁ」に対して「どうやって事業を続けるようかね?」を考えた計画です。

計画の内容自体は被る部分も多々ありますが、観点が少し違います。

繰り返しになりますが

コンチプラン:「どうやって被害を抑えるか」をまとめた計画
事業継続計画(BCP):「どうやって事業を続けるか」をまとめた計画


です。
せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「コンチプラン」って単語が出てきたら「ヤバい事態になったときに(被害を抑えるために)どう対処するかの計画なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク