[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

openSUSE

pointこの用語のポイント

pointOSとしてのLinuxだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

openSUSEとは

Linux一族のひとり。
もう少し真面目に書くと

OSとしてのLinux
であり

Linuxカーネルを使っているOSのひとつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

ちょっとややこしいので、順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「OS」と「カーネル」あとは「Linuxディストリビューション」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

OSは、パソコンさんの「これが無いとパソコンじゃねーよ」な基本ソフトです。
パソコンさんはOSを入れることで、はじめてパソコンとしてのお仕事ができます。
ちなみに「OS」という用語が世間に広まったきっかけがパソコンなので「パソコン」と書きましたが、スマホやその他のコンピュータ類でも同じです。

openSUSE

OSと呼ばれるソフトには、いくつかの種類があります。
パソコンさんの世界では、WindowsMacLinux辺りが有名どころです。
スマホの世界であれば、iOSAndroidなどが主流です。

OSはパソコンさんの人格に相当するソフトです。
パソコンさんの中にWindowsを入れれば「はーい、ボクはWindowsだよー」な人格になりますし、Linuxを入れれば「ヘーイ、ミーはLinuxさー」な人格になります。

openSUSE2

以上がOSの説明です。
次にカーネルの説明をします。

カーネルは「OSの中核部分として頑張っているソフトウェア」です。
OSを1つの組織と見なした場合、カーネルさんは中心人物です。
こいつがいなければ始まりません。

openSUSE3

ただし、カーネルさんだけでは組織の運営が成り立ちません。
シェルデーモンといった、その他のソフトウェアを手足のように使うことによって、はじめて組織が回ります。

「カーネルさんは大事なやつだけど、カーネルさんだけではOSは成り立たない」と理解してください。
カーネルさんとあれやこれやのソフトウェアが組み合わさって、1つのOSが出来あがっているのです。

openSUSE4

以上がカーネルの説明です。
「はやくopenSUSEの説明をしろよ!」と思うかもしれませんが、もう少しだけ、お付き合いください。

ところで「Linux」とは何でしょうか?

そうですね。
OSです。

ただし、ですね。

より厳密に言うと、Linuxはカーネルなのです。
よく「狭義のLinux」と言われます。
どこかの誰かが開発したOS用のカーネル、その名前が「Linux」です。

openSUSE5

狭義のLinuxはカーネルなので、それ単体ではOSとして動作しません。
OSとして動作するためには、あれやこれやのソフトウェアが必要です。

ということはですよ。

「よーし!パパ、新しいパソコンにLinux入れちゃうぞ~!」と宣言した時に、カーネルであるLinuxだけをポンと渡されても困ってしまいます。
他に必要なソフトウェアをえっちらおっちら集めてきて、上手く組み合わせないと、パパのパソコンでLinuxは動きません。

めっちゃ、大変そうですね。

そこで、優しい人が、あれやこれやのソフトウェアを集めてきて、カーネルであるLinuxと一緒に配ってくれました。
「これで必要なものは全部だから、これを丸ごと入れれば、そのままLinuxなOSとして使えるよ~」という優しさです。

この「カーネルであるLinuxとあれやこれやのソフトウェアが一緒になったもの」を指して、あるいは、その配布形態を指して「Linuxディストリビューション」と言います。

カーネルであるLinux(狭義のLinux)だけでは、Linuxパソコンとして使えません。
Linuxディストリビューション(カーネルのLinux+諸々のソフトウェア)を入れることによって、はじめてLinuxパソコンとして使えるようになります。

ちなみに、カーネルであるLinuxが「狭義のLinux」であるのに対し、OSとしてのLinuxは「広義のLinux」と呼ばれています。

openSUSE6

ここまでを踏まえて、OSとしてのLinux(Linuxディストリビューション、広義のLinux)の1つが「openSUSE」です。

openSUSE7

OSとしてのLinux(Linuxディストリビューション、広義のLinux)は、実際には「カーネルであるLinux+その他諸々のソフトウェア」です。
「その他諸々のソフトウェア」部分の組み合わせは配布している人によって異なります。

言い換えると、OSとしてのLinux(Linuxカーネルを使っているOS)は、いろいろあるのです。
openSUSEは、その「いろいろ」の中の1つです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「openSUSE」って単語が出てきたら「Linuxなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク