[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バルクロード (bulk load)

pointこの用語のポイント

point何かをどこかにまとめてロードするよ

pointあまり聞かない表現だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バルクロード (bulk load)とは

あまり聞かない表現だけど、多分、何かをどこかにまとめてロード(読み込み)すること。
あるいは

「何かをどこかにまとめてロード(読み込み)しなさい」な命令
です。

image piyo

詳しく書くよ

ロードは「何かをどこかに読み込むこと」ね。
「使えるように準備する」のニュアンスを含む場合もあります。
何をどこに読み込むかはケース・バイ・ケースです。
プログラムの中身をメモリ上に読み込んだり、データデータベースの中に突っ込んだり(=データをデータベースに読み込む)、なんかいろいろです。

バルクロード

それを踏まえて、まとめてロード、もしくは「まとめてロードしなさい」な命令が「バルクロード(bulk load)」です……多分。

バルクロード2

説明を書いておいてなんですが、私自身は「バルクロード」という用語に馴染みがなかったりします。
ごめんなさい。

少し話がそれますが、データーベースの世界には「insert文」というものがあります。

insert文は、データベースに対する「このデータを入れておけ」な命令文です。
「うぉお!insertだぁ!このデータを!この箱に!入れておけぇ!」みたいな命令をすると、データベースさんは指定のデータを指定の箱に入れて保管してくれます。

バルクロード3

実は、このinsert文には弱点があります。
基本的に、1回の命令で入れられるデータは1件だけなのです。
100件のデータを入れたければ、100回命令する必要があります。

バルクロード4

そこで、どこかの誰かが「大量のデータを一気に投入できるinsert文(っぽいやつ)」を作りました。

この「大量のデータを一気に投入できるinsert文(っぽいやつ)」を「バルクインサート(bulk insert)」と言います。
「bulk insertぉぉぉおおお!ここにある大量のデータを!この箱に!入れてくれぇぇえ!」みたいな命令をすると、データベースさんは指定された大量のデータを指定の箱に入れて保管してくれるのです。

バルクロード5

バルクインサートは、簡単に説明すれば「まとめてインサート」です。
バルクロードも、おそらく同じノリの用語だと思います。

何かをロードするよ。
ちまちま1つずつロードするのは面倒くさいよ。
それじゃあ、まとめて一気にロードしようか!


となり、まとめて一気にロードすること、もしくは、まとめて一気にロードするためのあれやこれや(命令文とか)を指して「バルクロード」と表現しているはずです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バルクロード」って単語が出てきたら「『まとめてロード』なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク