[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

バルクインサート (bulk insert)

pointこの用語のポイント

pointデータベースに対する命令だよ

pointinsert文っぽいやつだよ

point大量のデータを一気に投入するときに使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

バルクインサート (bulk insert)とは

データベースに対する命令のひとつ
であり

たくさんのデータを、まとめて一気にデータベースに突っ込むときに使う命令
です。
もう少し具体的に書くと

大量のデータを1回の命令でデータベースに入れられる、insert文っぽいやつ
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「データベース」と「insert文」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

データベースは「データを入れておく箱」です。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

バルクインサート

insert文は、データベースに対する「このデータを入れておけ」な命令文です。
「うぉお!insertだぁ!このデータを!この箱に!入れておけぇ!」みたいな命令をすると、データベースさんは指定のデータを指定の箱に入れて保管してくれます。

バルクインサート2

以上を踏まえて、読み進めてください。

データをデータベースに入れるときはinsert文を使います。

実は、このinsert文には弱点がありましてね。
基本的に、1回の命令で入れられるデータは1件だけなのです。
100件のデータを入れたければ、100回命令する必要があります。

バルクインサート3

めんどっちーですね。

私と同じように「めんどっちーなぁ」と考えた人がいたのでしょう。
どこかの誰かが、1回の命令で、たくさんのデータを入れられるinsert文を作りました。
データベースに入れたいデータを、ごそっと用意して「これ、入れておいて」と、まとめて指定できるinsert文です。

この「大量のデータを一気に投入できるinsert文(っぽいやつ)」が「バルクインサート(bulk insert)」です。
「bulk insertぉぉぉおおお!ここにある大量のデータを!この箱に!入れてくれぇぇえ!」みたいな命令をすると、データベースさんは指定された大量のデータを指定の箱に入れて保管してくれます。

バルクインサート4

一般的なバルクインサートの書き方は

BULK INSERT うんちゃらかんちゃら

です。
「うんちゃらかんちゃら」の部分は、データベースの種類によって違ったり違わなかったりします。
具体的なことは、データベースごとの説明をしているところで勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「バルクインサート」って単語が出てきたら「大量データ投入用のinsert文(っぽいやつ)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク