[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ESET

pointこの用語のポイント

pointセキュリティ関連のソフトを作って売っている会社だよ

pointもしくは、ウイルスセキュリティソフトのシリーズ名だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ESETとは

セキュリティ関連のソフトを開発・販売している会社さん。
もしくは

ESETって会社さんが販売しているウィルスセキュリティソフトの製品名(シリーズ名)
です。

image piyo

詳しく書くよ

会社、もしくは製品名(シリーズ名)です。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「コンピュータウイルス」と「マルウェア」あとは「ウィルスセキュリティソフトアンチウィルスソフト)」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

コンピュータウイルスは「コンピュータに入り込んで悪さをするプログラム」です。

ESET

マルウェアは「昔は『コンピュータウイルス』と呼ばれていた悪いプログラムの最近の呼び名」です。

ESET2

昔は悪いプログラム全般を指して「コンピュータウイルス」と呼んでいました。
それが、いつの頃からか、悪さの内容によって呼び分けがされるようになったのです。
最近では、以下のように分類することが多いように感じます。

・マルウェア:悪いことをするプログラム全般
・コンピュータウイルス:コンピュータの中身に対して悪いことをするプログラム
スパイウェア:コンピュータの中の情報をパクってどこかに送るプログラム


悪いことをするプログラム全般を「マルウェア」と呼びます。
マルウェアの分類として、コンピュータウイルスやスパイウェアがあるイメージです。

ESET3

とはいえ、細かい区別を気にする必要はありません。
説明している人によって「コンピュータウィルス」と表現していたり「マルウェア」と表現していたりすると思いますが、どちらも意図するところは「人のコンピュータに入り込んで悪いことをするプログラム」です。

ちなみに、このページでは「コンピュータウィルス」という表現を使います。
専門外の方が読んだときに一番イメージしやすいと思うからです。

コンピュータウィルスさんは人目を忍んで生きています。
こっそり他人のコンピュータに入って悪さをしまくります。

ESET4

それに対抗するために、どこかの誰かがパソコンにコンピュータウィルスが入ってこないか見張るソフトを作りました。
怪しいやつがいたら「おまえは通さん!」と通せんぼしてくれますし、もし入ってしまっても全力でやっつけてくれるソフトです。

このコンピュータウィルス撃退ソフトは「ウィルスセキュリティソフト」や「アンチウィルスソフト」と呼ばれています。

ESET5

ウィルスセキュリティソフトは、常にパソコンの中を監視しています。
新しいプログラムがパソコンさんに入ってくると「こいつはコンピュータウィルスじゃないかな?」と疑いの目を向けて調べてくれます。

パソコンの動きが遅くなったりして迷惑に感じることもありますけどね。
頑張ってくれているやつなのです。

ESET6

以上を踏まえて、ウィルスセキュリティソフトは、いろんな会社から、いろんな製品が販売されています。
なんか機能がいっぱい付いているけどお高いものから、無料で使えるけど本当に大丈夫なのか怪しいものまで、ピンキリです。

そんな、いろいろあるウィルスセキュリティソフトのひとつが「ESET(イーセット)」シリーズです。

「ESET」は製品名というかブランド名です。
あまり気にしないでください。
一般名詞ではなく、固有名詞です。
「ESET ○○」という名前の製品が、いろいろあるのです。

あるいは、この「ESET ○○」な製品を作っている会社さんです。
「ESET」という名前の会社さんが「ESET ○○」な製品を作って売っています。

あっ、そうそう。
「売っています」と書きましたが、日本ではキヤノンITソリューションズ株式会社さんが代わりに売っています。
いわゆる販売代理店というやつです。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ESET」って単語が出てきたら「セキュリティ関連のソフトを作っている会社さん、もしくは、その会社さんが作って売っているコンピュータウィルスを撃退するソフトなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク