[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

業務委託契約

pointこの用語のポイント

point請負契約とか準委任契約のことだよ

point「代わりにやってね」な契約だよ

point俗称だよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

業務委託契約とは

請負契約とか準委任契約を指す俗称。
ざっくり書くと

「ちょっくら、この作業を私の代わりにやっておくれ」「はいよー。お金はちょうだいね」な契約のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※2017年に「民法を改正するよ!」が決まりました。「実際に改正したよ!」になるのは2019年ごろの予定らしいです。それに伴い、請負契約とか準委任契約における責任の範囲や支払いに関するあれやこれや等が結構ガッツリと変わるようです。本ページに記載されている内容は改正前の情報を元にしています。改正後のあれやこれやについては、他のところで勉強してください。

簡単に言えば「これ、私の代わりにやってよ」「いいよ」な契約が「業務委託契約」です。
一般的には、請負契約準委任契約を指しているはずです。

業務委託契約

例えば、そうですね。

ピヨ子さんがピヨ太君に「ケーキを作ってちょうだい」と、お願いしたとしましょう。

業務委託契約2

それに対して、ピヨ太君は「いいよー。100円ね」と返しました。

業務委託契約3

ピヨ子さんは「分かったわ」と答えました。

業務委託契約4

口約束ですが、この時点でピヨ子さんとピヨ太君の間には

1.ピヨ太君がピヨ子さんにケーキを作る
2.ピヨ子さんがピヨ太君に100円払う


という契約が結ばれました。

この契約は、ピヨ子さんが何らかの理由により自分でできない「ケーキを作る」をピヨ太君に代わりにやってもらう契約です。
このような「代わりにやって」「いいよー」な契約を指す俗称が業務委託契約です。

先ほどのピヨ子さんとピヨ太君の契約を、もう少し突っ込んで見てみましょう。
ピヨ子さんはピヨ太君にケーキを作ってもらって、100円を払います。

業務委託契約5

ピヨ子さんは100円払いました。
何に対して100円払ったのでしょう?

実は、これは2通りの解釈ができます。
それは

1.ピヨ太君が作った「ケーキそのもの」に対する支払い
2.ピヨ太君がやった「ピヨ子さんのケーキを作る行為」に対する支払い


の2つです。

1は、ピヨ太君が作ったケーキをピヨ子さんが買い取ったイメージです。
100円は「ピヨ太君の作ったケーキ」に対して支払われます。
このような契約形態を「請負契約」と言います。

業務委託契約6

請負契約は「成果物の完成」に対して、お金が支払われる契約です。
最終的に「ピヨ子さんのケーキがあるか?」によって、お金を貰えるかが決まります。

2は、ピヨ太君を雇ってケーキを作らせたイメージです。
100円は「ピヨ太君がケーキを作る行為」に対して支払われます。
このような契約形態を「準委任契約」と言います。

業務委託契約7

準委任契約は「労働力の提供」に対して、お金が支払われる契約です。
最終的に「ピヨ子さんのケーキを作ったか?」によって、お金を貰えるかが決まります。

単に「業務委託契約」だけでは

1.請負契約
2.準委任契約
3.それ以外の契約


のどれを指しているか判断できません。

契約書のタイトルも

・請負契約の場合→業務請負契約書
・準委任契約の場合→業務委託契約書


のような区別をしている会社もありますし

・請負契約の場合→業務委託契約書
・準委任契約の場合→業務委託契約書


のように一緒くたにしている会社もあります。
あるいは、ちょっとズルい会社だと、事実上の派遣っぽい契約内容を「業務委託契約」と表現している場合もあります。

「業務委託契約」という用語に法律上の定義はありません。
何となくの雰囲気と慣習で使われている用語です。

契約書とかで出てきたら、実際の中身をしっかり確認してください。
最低でも

1.請負契約
2.準委任契約
3.それ以外の契約


のどれを意図しているかは確認する必要があります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「業務委託契約」って単語が出てきたら「代わりにやってよ!いいよ!な契約なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク