[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

CAPTCHA

pointこの用語のポイント

point人間が操作しているか確認する仕組みだよ

point人間には簡単だけどプログラムには難しいことをやらせるよ

pointWeb関連の話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

CAPTCHAとは

ホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認する仕組みのこと。
もう少し具体的に書くと

画像の中に書いてある文字や数字を入力させたり、画面上にある図形を特定の位置に移動させたり、人間には簡単にできるけどプログラムには難しそうな操作をさせることによって「今、この画面を操作しているのは人間だよね?プログラムじゃないよね?」を確認し、操作しているのがプログラムだったら先に進めないようにする仕組みのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば、ホームページの世界における「おまえ、人間?」を確認するための仕組みが「CAPTCHA(キャプチャ)」です。
プログラムを使うと、ひたすら宣伝を書き込んだり、1万人分くらい一気に会員登録したり、いろいろな嫌がらせや悪どいことができてしまいます。
それを防ぐための仕組みです。

CAPTCHA

名前は馴染みがないかもしれませんけどね。
仕組み自体は、みなさんも触れたことがあるはずです。

会員登録とかをしようとすると「この画像に書かれている数字を入力してね」などと指示されることがあると思います。
あの、ぐにゃんぐにゃんに歪んでいて「6」だか「8」だか分からない数字を直感頼りで入力するアレです。

CAPTCHA2

具体的な理屈は分かりませんが、あの操作をプログラムがやるのは難しいみたいです。
正しい数字を入力できれば、人間だと判断されます。

CAPTCHA3

あるいは「図形を指定の場所に動かしてね」みたいなパターンもあります。
例えば「ピヨ太君の顔」と「ピヨ太君の顔がピッタリはまりそうな穴」を用意しておいて、図形を重ねてもらうやり方です。

CAPTCHA4

やっぱり、具体的な理屈は分かりませんけどね。
あの操作をプログラムがやるのは難しいみたいです。
ピッタリ重ねられれば人間だと判断されます。

CAPTCHA5

他にも、単純な足し算をさせたり、いろいろなパターンがあります。

いずれにせよ、ポイントは

1.ホームページ関連で出てくる用語
2.操作しているのが人間か確認する仕組み
3.人間にはできるけどプログラムにはできなさそうなことをやらせる


です。
それさえ覚えておけば困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「CAPTCHA」って単語が出てきたら「操作しているのが人間か確認する仕組みなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク