[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

リーダライタ

pointこの用語のポイント

point中身を読み書きする機械だよ

point読み書きする対象が何かはケース・バイ・ケースだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

リーダライタとは

何かの中に入っているデータを読み取ったり、逆に何かの中にデータを書き込む機械のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

「リーダ」+「ライタ」で「リーダライタ」です。

リーダライタ

リーダは「読み取るもの」程度に解釈してください。
英語で書くと「reader」です。

リーダライタ2

ライタは「書き込むもの」です。
英語で書くと「writer」になります。

リーダライタ3

つまり「中身を読み書きする機械」が「リーダライタ」です。

リーダライタ4

何を読み書きするのか?
データです。

何から読み書きするのか?
知りません。

読み書きする対象は、前後の文脈から判断してください。
「○○リーダライタ」のような名前であれば「○○」が読み書きする対象のはずです。

例えば「ICカードリーダライタ」という用語があります。
ICカードリーダライタは、その名の通り「ICカードの中身を読み書きする機械」です。

リーダライタ5

ちなみに、ICカードは「集積回路(IC)がくっついていて、情報を保管したり何かいろいろ処理をさせることができるカード」ね。
最近のクレジットカードや電車に乗るときにピッ!ってやって使うあのカードなどがICカードです。

リーダライタ6

パッと思い浮かびませんが、他にも「○○リーダライタ」という用語があるはずです。
出てきたら「○○のデータを読み書きする機械」と読み替えてみてください。
何となくの意味はつかめると思います。

また、字面だけ見るとソフトに対して使ってもおかしくないと思いますが、基本的にはハードに対して使われる表現です。
読み書きする「機械」を意図している場合が多いと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「リーダライタ」って単語が出てきたら「中身を読み書きする機械なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク