[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RFIDタグ

pointこの用語のポイント

point「RFID」と呼ばれる仕組みで登場するよ

pointデータが入っている部品だよ

pointデータを読み書きする機械とやり取りするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RFIDタグとは

「RFタグ」のこと。
つまり

RFID(データが入っている部品とそれを読み書きする機械がビビビー!な電波を通じてやり取りする技術)の話で登場する、中にデータが入っている部品のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「RFタグ」の説明と、ほとんど同じです。既に「RFタグ」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは「RFID」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

具体的に何とは言いませんが、みなさんが電車に乗るときには「ピッ!」ってやるカードを使うと思います。

RFIDタグ

そうです。
ペンギンっぽいやつが持っていたり、ロボットっぽいやつが持っていたりするアレです。
改札を通るときに使う、あの「ピッ!」ってやるカードです。

RFIDタグ2

面倒くさいので詳細は説明しませんが、あの「ピッ!」ってやるカードからはビビビーな電波が出ます。

RFIDタグ3

そのビビビーな電波を介して、中身を読み取ったり、逆に中身を書き込んだりできます。

RFIDタグ4

カードが「ピッ!」ってなったときには、これらのやり取りが行われているのです。

これらのやり取りを実現するための技術全般を「RFID」と言います。
データが入っている部品とそれを読み書きする機械がビビビー!な電波を通じてやり取りする技術です。

もちろん「ピッ!」ってやるカード以外にも使われている技術ですけどね。
みなさんの一番身近にあるであろう例が「ピッ!」ってやるカードなので、今回はそれを例に説明してみました。
他にも、お店の万引き防止(レジを通さないで商品を持ちだすとビービー鳴るやつ)や工場の在庫管理など、いろいろなことに活用されている技術です。

さて、このRFIDの仕組みにおいては

1.データが入っている部品
2.「1」の中身を読み書きする機械


が登場します。
RFIDは、1と2が電波ビビビー!を通じてやり取りする技術です。

RFIDタグ5

以上を踏まえて、RFIDの仕組みで登場する

1.データが入っている部品

が「RFIDタグ」です。
RFタグ」や「ICタグ」などとも呼ばれます。

RFIDタグ6

ちなみに

2.「1」の中身を読み書きする機械

の方は、特別な名前は付いていないようです。
一般的には「リーダライタ」などと呼ばれています。

RFIDタグ7

別に忘れてしまってもかまいませんが、気が向いたら覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RFIDタグ」って単語が出てきたら「RFIDの話で登場する『データが入っている部品』なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク