[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RFID

pointこの用語のポイント

pointとある技術を指す用語だよ

pointピッ!ってやって内容を読み書きするカードとかに使われているよ

point部品と機械のやり取りはビビビー!な電波で行われるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RFIDとは

電車に乗るときに使うあのカードのように、ピッ!ってやって内容を読み書きするカードとかに使われている技術全般を指す用語
です。
もう少し、具体的に?書くと

データが入っている部品とそれを読み書きする機械がビビビー!な電波を通じてやり取りする技術
です。

image piyo

詳しく書くよ

具体的に何とは言いませんが、みなさんが電車に乗るときには「ピッ!」ってやるカードを使うと思います。

RFID

そうです。
ペンギンっぽいやつが持っていたり、ロボットっぽいやつが持っていたりするアレです。
改札を通るときに使う、あの「ピッ!」ってやるカードです。

RFID2

あの「ピッ!」ってやるカードとかに使われている技術全般を指す用語が「RFID(アールエフアイディー)」です。

radio frequency identifier(ラジオ・フリークエンシー・アイディンティファー)」の略で「RFID」ですが別に覚える必要はありません。
覚えていても、たいして役に立たないと思います。

面倒くさいので詳細は説明しませんが、あの「ピッ!」ってやるカードからはビビビーな電波が出ます。

RFID3

そのビビビーな電波を介して、中身を読み取ったり、逆に中身を書き込んだりできます。

RFID4

カードが「ピッ!」ってなったときには、これらのやり取りが行われているのです。

これらのやり取りを実現するための技術全般を指す用語がRFIDです。

もちろん「ピッ!」ってやるカード以外にも使われている技術ですけどね。
みなさんの一番身近にあるであろう例が「ピッ!」ってやるカードなので、今回はそれを例に説明してみました。
他にも、お店の万引き防止(レジを通さないで商品を持ちだすとビービー鳴るやつ)や工場の在庫管理など、いろいろなことに活用されている技術です。

ちょっと専門的なところでは「非接触型のうんちゃらかんちゃらで近距離無線通信がうんちゃらかんちゃら」などと説明されていると思います。
いずれにせよ、ポイントは

1.「ピッ!」ってやるカードに使われている技術
2.部品と機械が電波ビビビーでやり取りする
3.技術全般を指す、ふんわりとした用語


です。
それさえ覚えておけば、困ることは少ないと思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RFID」って単語が出てきたら「ピッ!ってやるカードとかに使われている技術なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク