[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ボット (bot)

pointこの用語のポイント

pointプログラムだよ

pointロボットっぽい立ち位置のやつだよ

point自動で何かしているよ

point私はWebかセキュリティ関連でしか聞いたことがないよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ボット (bot)とは

Twitterへの自動投稿プログラムや悪いやつが送り込んでくる他のコンピュータ乗っ取りプログラムのように、ロボットっぽい立ち位置であれやこれやの仕事をするプログラムのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「ロボットっぽいプログラムに付けられた総称」が「ボット」です。
うすうす気づいているとは思いますが「ロボット」が語源です。

ボット

例えば、Twitterには

1.特定の内容を定期的につぶやくプログラム
2.話しかけられたら自動的に返信するプログラム
3.自動でお気に入りボタンをぽちっとするプロググラム


にように、本来は人間様がやることを代わりにやっているプログラムさんがいます。
代理人のイメージです。

ボット2

ロボットっぽいですね!

あるいは、悪い人によって他のコンピュータに送り込まれて、そいつを乗っ取るのが仕事のプログラムもいます。
相手の基地を内部からかき回す潜入工作員のイメージです。

ボット3

ロボットっぽいですね!

そんなロボットっぽいお仕事を与えられたプログラムの総称が「ボット」です。
おそらく明確な定義はないと思いますが

1.プログラムである
2.自動で何かする
3.立ち位置がロボットっぽい


のが特徴です。

とはいえ「ボット」という表現が出てくるのって、セキュリティ関連かWeb関連がほとんどですけどね。
例えば、お仕事で使うシステムを作ってるときに「この処理はボットにやらせましょう!」とかは聞いたことがありません。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ボット」って単語が出てきたら「ロボットっぽいプログラムなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク