[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ボットネット (botnet)

pointこの用語のポイント

point不正に乗っ取られたコンピュータたちだよ

point不正に乗っ取られたコンピュータたちで構成されているネットワークだよ

point「ゾンビクラスタ」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ボットネット (botnet)とは

乗っ取られちゃったよコンピュータ被害者友の会(ただし、現在も乗っ取られ中)のこと。
もう少し真面目に書くと

悪いやつに変なプログラムとかを入れられて不正に乗っ取られたコンピュータたち(で構成されているネットワーク)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

一言で言えば「乗っ取られているコンピュータたち(のネットワーク)」が「ボットネット」です。
悪いやつに洗脳されて、そいつの手先となってしまったコンピュータ軍団です。

ボットネット

順番に見ていきましょう。
まずは「サーバ」の意味と、サーバを乗っ取って悪いことをする流れについて簡単に説明します。

サーバは「サービスや機能を提供する側のコンピュータ」です。
「○○サーバ」と出てきたら「○○関連のサービスを提供しているコンピュータ」と読み替えてください。
よく分からない人は、単に「コンピュータ」と読み替えてしまっても構いません。
それでも、ある程度の意味は掴めるはずです。

ボットネット2

みなさんが馴染みがあるのは、ホームページが置いてあるWebサーバメールが置いてあるメールサーバでしょうか。
「サーバ」と呼ばれるコンピュータは、インターネットの世界にも、たくさんあります。

ボットネット3

このサーバさん、実は日夜、悪い人たちから狙われているのです。

ボットネット4

一番有名なのは、いわゆる「乗っ取り」と呼ばれる類の危険でしょうか。
サーバの中に勝手に入られて、変なプログラムを仕込まれて、悪い人の手先のように使われてしまうのが乗っ取りです。
悪い人たちの身元を隠すための中継地点(踏み台)にされることも少なくありません。

おっと、アクマ君が「アクマ君オリジナル俺の言うことを聞けぇ!」プログラムを仕込んで、そこら辺のサーバさんたちを乗っ取ったようです。
そこら辺のサーバさんたちはアクマ君の手足のように動くようになりました。

ボットネット5

おっと、アクマ君は攻撃する獲物も見つけたようです。
憎きピヨ太君のホームページがありました。

ボットネット6

アクマ君は、自分の使っているサーバから、乗っ取ったサーバたちに「行けぇ!ピヨ太の野郎のホームページにガンガン攻撃して嫌がらせをしろぉ!」と指示を出しました。

ボットネット7

アクマ君の手先となったそこら辺のサーバさんたちは、ピヨ太君のホームページに攻撃しまくりです。
ピヨ太君、可哀想ですね。

ボットネット8

悪いプログラムを仕込まれて乗っ取られたサーバたちは、アクマ君の使っているサーバから指示を受けて攻撃を開始しました。
立場的には、アクマ君の使っているサーバが司令官です。
乗っ取られたサーバたちは部下になります。

ボットネット9

以上を踏まえて、この話における司令官と部下たちで構成されているネットワークがボットネットです。

ボットネット10

アクマ君が他のコンピュータを乗っ取るために送り込んだ悪いプログラムを「ボット」と呼んだりします。

ボットネット11

このボット(に乗っ取られたコンピュータたち)で構成されているネットワークだから「ボットネット」です。

ちなみに、アクマ君の使っている司令官サーバは「C&Cサーバ」と呼ばれたりします。

ボットネット12

司令官サーバの指示を受けて動く、乗っ取られたコンピュータたちは「ゾンビマシン」と言ったりします。

ボットネット13

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

また、ボットネットは「ゾンビクラスタ」と呼ばれる場合もあります。
クラスタの意味は「同じようなのが、わちゃわちゃ集まってること」です。
ゾンビマシンがわちゃわちゃ集まってるから「ゾンビクラスタ」です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「ボットネット」って単語が出てきたら「悪いやつに乗っ取られたコンピュータたち(で作られているネットワーク)なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク