[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

耐障害性

pointこの用語のポイント

point問題の発生に対する備えだよ

point「問題が起きても、頑張って動かし続けるよ!」な考え方だよ

point微妙にニュアンスの違う複数の意味があるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

耐障害性とは

「フォールトトレランス」のこと。
つまり

問題が起こる前提で「ヤバいことになったら、どうする?」を想定して備えること
です。
あるいは

問題が発生した際に、機能や性能を制限することなく、動かし続けるための備えのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは「フォールトトレランス」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

フォールトトレランス(fault tolerance)の意味は、ざっくり書くと「ヤバいことに対して、どれだけ備えてあるのよ?」です。

耐障害性

fault(フォールト)の意味は「障害」です。
tolerance(トレランス)を日本語にすると「耐久力」です。
くっつけると「障害耐性」になります。

問題が起こる前提で「ヤバいことになったら、どうする?」を想定して備えるのがフォールトトレランスです。
「問題が起こってもお手上げにならないように、あれやこれやと備えておくぜ!」な心意気がこもっています。

以上を踏まえて、フォールトトレランスを日本語にしたのが「耐障害性」です。

耐障害性2

具体的に何を指すかは、結構、あいまいです。

1.どれだけ障害に備えてあるか
2.障害に対する耐性を高める仕組み
3.障害発生時に機能制限なしで動かし続けるための仕組み


など、微妙なニュアンスの異なる解釈が複数あります。
よく分からない人は、ざっくりと

問題が発生したときの備え

程度に解釈してください。
それで何となくの意味は掴めると思います。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「耐障害性」って単語が出てきたら「『ヤバいことになったら、どうする?』を想定した備えなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク