[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

Japan Vulnerability Notes

pointこの用語のポイント

pointホームページだよ

pointソフトウェアの脆弱性に関する情報が載っているよ

pointJPCERT/CCと情報処理推進機構(IPA)が共同運営しているよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

Japan Vulnerability Notesとは

JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)っていう組織と情報処理推進機構(IPA)っていう組織が共同で運営している、ソフトウェアの放っておくとヤバイところ(脆弱性)に関する情報を公開しているホームページ
です。

image piyo

詳しく書くよ

※このページの説明は「JVN」の説明と、ほとんど同じです。既に「JVN」の説明をご覧になった方は、読んでもあまり意味は無いと思います。

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「CSIRT」と「JPCERTコーディネーションセンターJPCERT/CC)」あとは「情報処理推進機構(IPA)」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。
あと「そんなの興味ないね!」な人も読み飛ばして、かまいません。
知らなくても何とかなります。

CSIRTは「情報セキュリティに関する『うわっ!ヤバっ!』な報告を集めたり、原因を分析したり、対処法を考えたり、あれやこれやしている組織」を指す用語です。
JPCERTコーディネーションセンターJPCERT/CC)は日本を舞台に活動しているCSIRTのひとつです。
ここまでの説明がよく分からない人は「セキュリティ関係の情報収集をしているやつら」程度の理解でも、かまいません。

Japan Vulnerability Notes

情報処理推進機構(IPA)は「日本のIT力を高めるために頑張っている、国の手先っぽい団体」です。
国から「日本国のIT力を高めるために尽力してくれたまえ!」な指令を受けて、情報処理技術者試験の事務処理をはじめ、なんかいろいろとやっています。

Japan Vulnerability Notes2

以上を踏まえて、JPCERT/CCとIPAが共同で運営している「ソフトウェアの放っておくとヤバイところ(脆弱性)に関する情報を公開しているホームページ」が「Japan Vulnerability Notes」です。

カタカナで書くと「ジャパン ボ……うんちゃら ノーツ」ですね。
Vulnerabilityの意味は「脆弱性」です。

Japan Vulnerability Notes3

2016年12月現在、実際のホームページは以下の場所にあります。

https://jvn.jp/

見れば「あぁ、こんなやつね」と何となく分かると思います。
あとのことは頑張って本家で勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Japan Vulnerability Notes」って単語が出てきたら「ソフトの放っておくとヤバいところに関する情報が載っているホームページなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク