[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

ウェブページ (Webページ)

pointこの用語のポイント

point文書ファイルだよ

pointインターネットの世界で見られるよ

pointホームページの中の1ページだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

ウェブページ (Webページ)とは

インターネットの世界で見られる文書ファイルのこと
です。

ホームページの中の1ページ
と捉えても構いません。

image piyo

詳しく書くよ

インターネットの世界に転がっているファイルで、Internet ExplorerなどのWebブラウザホームページを見るときに使うソフト)で見ることができる文書ファイルが「Webページ」です。

2016年4月現在の流行では、Webページは

・内容が書いてあるファイル
・見た目が書いてあるファイル
・絵が描いてあるファイル
・動作が書いてあるファイル


の4種類のファイルを組み合わせて、1つのページにするのが主流です。

Webページ

内容が書いてあるファイルは、一般的に「HTMLファイル」と呼ばれています。
ファイルの拡張子は「.html」や「.htm」です。

Webページ2

HTMLファイルは、内容を書いておくファイルです。
ページの核となるファイルですね。

見た目が書いてあるファイルは「CSSファイル」と呼ばれています。
ファイルの拡張子は「.css」です。

Webページ3

CSSファイルは、見た目に関するルールを書くファイルです。
例えば

・ホームページの横幅はどれくらいにしよう
・この目印を付けた文字の色は何色にしよう
・この目印を付けた範囲に背景を付けよう


などのルールを書いておきます。

絵が描いてあるファイルは、いわゆる「画像ファイル」です。
ファイルの拡張子は「.jpeg.jpg)」や「.png」、「.gif」などが一般的です。

Webページ4

画像ファイルは説明しなくても分かりますよね?

最後に、動作が書いてあるファイルが「JavaScriptファイルjsファイル)」です。
ファイルの拡張子は「.js」です。

Webページ5

JavaScriptファイル(jsファイル)は「動作」を定義するファイルです。
例えば

・ページを表示するときに、こんな動きをしてよ
・他のページに移動するときに、こんな動きをしてよ
・このボタンを押したら、こんな動きをしてよ


などの指示を書いておきます。

これら4種類のファイル

・HTMLファイル(内容)
・CSSファイル(見た目)
・画像ファイル(絵)
・JavaScriptファイル(動作)


が組み合わさることによって、1つのページが形作られています。

Webページ6

繰り返しになりますが、Webページはインターネットの世界に置いてあるファイルです。
Webブラウザ(ホームページを見るときに使うソフト)を起動して「おら!このページを表示しろやぁ!」と指定することで、見ることができます。

「おら!このページを表示しろやぁ!」と指定する情報は「URL」と呼ばれています。
例えば

http://wa3.i-3-i.info/index.html

などはURLです。
このURLは

インターネットの世界の「wa3.i-3-i.info」って場所にある「index.html」っていうページを表示してね

な指定になります。

なお、Webページと似た意味の用語に「Webサイト」と「ホームページ」があります。
せっかくなので、それぞれの用語の違いを説明しておきましょう。

まず、Webページは「1つのページ」です。
本で例えると、イメージしやすいと思います。
本のページ1ページが、Webページです。

Webページ7

ウェブサイトは「Webページが集まったもの」です。
本で例えれば、本のページが集まったもの、つまり1冊の本に相当します。

Webページ8

最後に、ホームページは「Webブラウザを起動した際に最初に表示されるページ」です。
「おーらぁ!仕事を始めろやぁ!」とWebブラウザを動かした際に、最初に表示されるページのことを「ホームページ」と言います。

Webページ9

ただし、一般的には「Webサイト」と同じ意味で使われています。
特に初心者の方ほど、Webサイトを意図して「ホームページ」と表現することが多いはずです。

Webページ10

まとめると

1.Webページ → インターネットで見られるページ
2.Webサイト → Webページを集めたもの
3.ホームページ → Webブラウザの最初のページ or Webサイトと同じ意味


となります。
気が向いたら、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「Webページ」って単語が出てきたら「インターネットの世界で見られる文書ファイルなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク