[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

関係データベース

pointこの用語のポイント

pointデータベースだよ

pointデータを表形式で扱うよ

pointOracleとかMySQLとかのことだよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

関係データベースとは

「リレーショナルデータベース」のこと。
つまり

OracleとかMySQLなんかの、みなさんが普段使っているデータベースのこと
であり

データを表形式で扱うデータベースのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

データベースは「データを入れておく箱」ね。
突っ込んで考えると混乱するかもしれません。
何となくのフィーリングで理解してください。

関係データベース

それを踏まえて、あなたが「データベース」と聞いて思い浮かべるであろうデータベースが「関係データベース」です。
有名どころは、OracleMySQLSQLServerPostgreSQLなどですね。

関係データベースはデータを表形式で管理するデータベースです。

関係データベース2

実際のところ「関係データベース」という呼び方は結構マイナーです。
一般的には「リレーショナルデータベース(RDB)」と呼ばれます。

なんで、わざわざ「関係データベース」という用語があるかというと、関係データベース方式以外のやり方でデータを管理しているデータベースもあるからです。

なんで「関係データベース」という用語をあまり聞かないかというと、現在のデータベースは、その多くが関係データベースだからです。
単に「データベース」と言った場合、それは関係データベースを指していることが多いはずです。

きちんと中身を理解しようとすると結構大変ですけどね。
何となく分かれば満足な人は「デーベースなのね」程度の理解でかまいません。
あまり大きな声では言えませんが、私が実際にお仕事をしていて、関係データベースかどうかを意識する必要に迫られたことは、ほとんどなかったりします。
厳密な意味が問われるのは資格試験のときくらいです。

「俺は資格試験の勉強をしてるんだよ!きちんとした意味を教えろや!」な人には、ごめんなさい。
他の専門的に解説しているところで頑張って勉強してください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「関係データベース」って単語が出てきたら「データを表形式で管理するデータベースなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク