[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

踏み台攻撃

pointこの用語のポイント

point悪いことだよ

point他のコンピュータを乗っ取るよ

point乗っ取ったコンピュータに悪いことをさせるよ

point身元を隠したり、攻撃量を増やす目的でやるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

踏み台攻撃とは

他のコンピュータを攻撃するときのやり方のひとつ
であり

そこら辺にある普通のコンピュータを乗っ取って、乗っ取ったコンピュータに自分の代わりに攻撃させること
です。

image piyo

詳しく書くよ

乗っ取ったコンピュータに自分の代わりに攻撃させるのが「踏み台攻撃」です。
乗っ取ったコンピュータを踏み台にするイメージですかね。

踏み台攻撃

例えば、そうですね。
ここに、ちょっとイライラしているアクマ君がいました。

踏み台攻撃2

アクマ君は、ご機嫌斜めです。
理由は、とあるケーキ屋さんで買ったケーキが美味しくなかったからです。

踏み台攻撃3

どうにもこうにも怒りが収まらないアクマ君は、そのケーキ屋さんに復讐を決意しました。

とはいえ、悪いことをしたら怒られるのが世の常です。
アクマ君は怒られたくありません。

う~ん、う~ん、何か良い方法はないかなぁ。

踏み台攻撃4

考えていたアクマ君は名案を閃きました。
「自分がやりたくないならピヨ太にやらせればいいじゃない」です。

踏み台攻撃5

早速、アクマ君はピヨ太君に催眠術をかけました。
「おまえは、だんだん眠くな~る」です。

踏み台攻撃6

そして、ピヨ太君に「ケーキ屋さんの店主を闇討ちしてこい」と命令しました。
アクマ君、なかなか過激ですね。

踏み台攻撃7

ピヨ太君はアクマ君の命令に従い、ケーキ屋さんの店主を闇討ちしようとしました。
ところがどっこい、世の中、そんなに甘くありません。
ピヨ太君は返り討ちにあってしまいました。

踏み台攻撃8

でも、アクマ君に不安はありません。

怒られるのはピヨ太君です。
催眠術にかけていたのでピヨ太君はアクマ君のことを覚えていません。
ピヨ太君からアクマ君にはたどり着けない理屈です。

踏み台攻撃9

このような攻撃をコンピュータの世界で行うのが踏み台攻撃です。

悪い人は、まず、そこら辺にある普通のコンピュータを乗っ取ります。
自分の命令通りに動くように催眠術をかけてしまうのです。
今回はアクマ君がピヨ太君のコンピュータを乗っ取ったとしましょう。

踏み台攻撃10

あとは簡単です。
やりたい攻撃を、その乗っ取ったコンピュータにやらせます。
アクマ君はピヨ太君のコンピュータに「ピヨ子さんに大量のメールを送れ」と指示を出しました。

踏み台攻撃11

これでピヨ子さんには「ピヨ太君から送られた」大量のメールが届きます。

踏み台攻撃12

犯人捜しを始めたピヨ子さんはピヨ太君のコンピュータから送られたと気付くはずです。
きっと、ピヨ太君に文句を言うでしょう。

ですが、そこで終わりです。
そこから先、アクマ君にはたどり着けません。

踏み台攻撃13

話は「もうちっとだけ続くんじゃ」です。
調子に乗ったアクマ君は、ピヨ太ママとピヨ太パパのコンピュータも乗っ取りました。

踏み台攻撃14

そして、先ほどと同じように乗っ取ったコンピュータに「ピヨ子さんに大量のメールを送れ」と指示を出しました。

踏み台攻撃15

先ほどは1台でしたが、今度は2台です。
単純計算でも2倍のメールがピヨ子さんに送りつけられます。

踏み台攻撃16

この話におけるアクマ君がやったことが踏み台攻撃です。
ついでなので書いておくと、乗っ取られたコンピュータは「踏み台」と呼ばれます。

踏み台攻撃を行うメリット……と書いて良いのか分かりませんが、期待できる効果は

1.身元を隠せる
2.攻撃量を増やせる


です。

実際に悪いことをやっているのは、乗っ取ったコンピュータです。
攻撃された人が犯人捜しをしても、たどり着くのは乗っ取ったコンピュータです。
悪いことを指示している犯人ではありません。

これが

1.身元を隠せる

です。

また、乗っ取るコンピュータの数を増やせば、それだけ攻撃量を増やせます。
手下が増えるってことですからね。

これが

2.攻撃量を増やせる

です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「踏み台攻撃」って単語が出てきたら「他のコンピュータを乗っ取って、乗っ取ったコンピュータに攻撃させるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク