[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

通信規約

pointこの用語のポイント

point通信するときに使うお約束事だよ

point「通信プロトコル」や「プロトコル」とも呼ばれるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

通信規約とは

「通信プロトコル」の日本語的表現。
つまり

通信をするときにお互い(自分と通信相手)が守る「このルールにしたがって、やり取りしようね」なお約束事のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

通信というのはコミュニケーションです。
コミュニケーションは暗黙の了解やお約束事がないと成り立ちません。

例えば、ここにピヨ太君がいたとしましょう。
ピヨ太君は日本人です。
「人」かどうかは怪しいところですが、気にしないでください。

通信規約

ピヨ子さんもいました。
ピヨ太君と同じようにピヨ子さんも日本人です。
やっぱり「人」かどうかは怪しいところですが、気にしないでください。

通信規約2

ピヨ太君とピヨ子さんが、ぺちゃくちゃとお喋りをします。
このとき、2人は日本語で話しているはずです。

通信規約3

これはピヨ太君とピヨ子さんの間で「2人とも日本人だし、日本語で話そうね」という暗黙の了解(お約束事)があるからです。

空気を読まずに、ピヨ太君が突然フランス語で喋りだしたら大変です。
ピヨ子さんは戸惑ってしまいます。
円滑なコミュニケーションが、できなくなるはずです。

通信規約4

通信も同じです。
通信相手と認識を合わせておく必要があります。

片方が日本語で話しかけているのに、もう片方が英語で返事をしたら、コミュニケーションが成立しません。
上手に意思疎通を行うためには、前もって「日本語で話そうね」などのお約束事を決めておき、それを守る必要があるのです。

通信規約5

以上を踏まえて「通信するときに従うお約束事」が通信規約です。
相手と上手にコミュニケーションを取る上で必要なお約束事や暗黙の了解です。

どっぷりとコンピュータの世界に浸かっている人は「通信規約」と言われると逆に分からないかもしれませんね。
いわゆる「通信プロトコルプロトコル)」のことです。
「通信プロトコル」を日本語にしたのが「通信規約」です。

通信規約は、いろいろあります。
通信の種類によって、使う規約も変わってきます。

例えば、インターネットで通信をするときは「TCP/IP」と呼ばれるお約束事、より正確に書くと「TCP」と呼ばれるお約束事と「IP」と呼ばれるお約束事を使います。
「TCPルールとIPルールを守って、やり取りしようぜー!」です。

通信規約6

ファイルを受け渡しするときは「FTP」と呼ばれるお約束事を使います。
「FTPルールを守って、ファイルを送りあおうぜー!」です。

通信規約7

メールを送るときは「SMTP」と呼ばれるお約束事を使います。
反対にメールを受け取るときは「POP3」や「IMAP」というお約束事を使います。
「SMTPルールを守ってメールを送るねー」であり「POP3ルールを守ってメールを受け取るねー」です。

通信規約8

他にも

HTTP
VoIP
PPP


などなど、いろいろなお約束事があります。

通信の世界では「どんな通信をするときは、どんなお約束事に従ってやり取りしようね~」なお約束事が、あらかじめ用意されているのです。
実際に通信をするときには「今からやりたいのは○○通信だから、××のお約束事に従って通信すれば、相手と上手くコミュニケーションを取れるな」と判断しています。

この「通信するときに守るお約束事」が通信規約です。
コンピュータさんの世界で意思疎通をするときに守る暗黙の了解です。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「通信規約」って単語が出てきたら「通信する上でのお約束事なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク