[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

RSTパケット

pointこの用語のポイント

pointパケットだよ

pointお断りの連絡だよ

point3ウェイハンドシェイクやTCPの話で出てくるよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

RSTパケットとは

「一昨日きやがれ!ボケナスがぁ!」パケットのこと。
もう少し真面目に書くと

3ウェイハンドシェイクとかの話で出てくる「諸般の事情により、一回バイバイするね。また相手して欲しかったら最初からやり直してね」な断りの連絡に相当するデータ
であり

関係をリセットしたいときに送りつけるデータ
です。
ちょっと小難しいけど正確に書くと

RSTフラグに1がセットされたパケット(通信用に細切れにされたデータ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「パケット」と「3ウェイハンドシェイク」あとは「4ウェイバイバイ」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

パケットは「通信用に細切れにされたデータ」です。
よく分からない人は「通信中のデータ」くらいの理解でもかまいません。

RSTパケット

3ウェイハンドシェイクは「送っていい?」「いいよー。こっちも送っていい?」「いいよー」な手順を踏む接続のやり方です。

例えば、ピヨ太コンピュータ(ピヨ太PC)がピヨ子コンピュータ(ピヨ子PC)に接続するとしましょう。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「送っていい?」な質問パケットを送ります。

RSTパケット2

それに対して、ピヨ子PCピヨ太PCに「いいわよー」な返事パケットと「私も送っていい?」な質問パケットを合体させたパケットを返します。

RSTパケット3

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。

RSTパケット4

お互いに相手から「送っていいよー」な許可をもらいました。
相手から送られてきたデータを受け取る心の準備もバッチリです。

この状態は「接続が確立された状態」と言えます。

このように

1.「送っていい?」な質問パケット
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット
3.「いいよー」な返事パケット


の3回のやり取りを経て接続を確立させるやり方が3ウェイハンドシェイクです。

RSTパケット5

接続できたら、データのやり取りをします。

RSTパケット6

データのやり取りが終われば、バイバイです。
切断します。

切断するときも、あれやこれやのやり取りが必要です。
実際の流れを見てみましょう。

ピヨ太PCピヨ子PCとの接続を止める(切断する)ことにしました。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「バイバイするねー」な連絡パケットを送ります。

RSTパケット7

それに対して、ピヨ子PCピヨ太PCに「いいわよー」な返事パケットを送ります。

RSTパケット8

次にピヨ子PCピヨ太PCに対して「バイバイするわね」な連絡パケットを送ります。

RSTパケット9

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。

RSTパケット10

これでお互いがバイバイすることに同意しました。
気持ちよく切断できます。

このように

1.「バイバイするねー」な連絡パケット
2.「いいわよー」な返事パケット
3.「バイバイするわね」な連絡パケット
4.「いいよー」な返事パケット


の4回のやり取りを経て切断するのが、4ウェイバイバイです。

ちなみに「4ウェイバイバイ」は私が思いつきで作った造語です。
実際には、そんな用語はありません。
ご注意ください。

RSTパケット11

このような接続・切断のやり方は「TCP」と呼ばれるお約束事にしたがって通信するときのやり方です。
余裕があれば、TCPについても勉強してあげてくださいね。

以上を踏まえて、いよいよ本題に入ります。

ここまでの流れで登場したのは「いいよー」なお返事だけでした。
「接続するね?」「いいよー」「切断するね?」「いいよー」です。
きっと、実際のデータをやり取りするときも「送るねー」「いいよー」なやり取りをしているでしょう。

ですが、いつでも準備が整っていて「バッチこーい!」な状態とは、かぎりませんよね。
忙しいから相手をしたくない場合もあるはずです。
あるいは「こいつは嫌いだから、やり取りしたくない」や「怪しいやつだから、やり取りしたくない」のような理由で、相手をしたくないこともあるでしょう。

そんなときは「一昨日きやがれ!」な断りのデータを相手に投げつけます。

RSTパケット12

この断りのデータが「RSTパケット」です。

RSTパケット13

RSTパケットは、パケット内のRSTな場所に「1」が設定されています。
RSTは「目障りだ、消えろ!」な断り用の目印だと思ってください。
RSTが「1」のパケットはお断りの連絡パケットです。

「RST」は「reset(リセット)」を何となく省略したものです。
「はいはい、俺たちの関係は一回リセットね!」と主張したいときに送ります。

RSTパケットを送られた方は、関係を続けることを拒否されたわけです。
相手をして欲しければ、もう一度、接続し直す必要があります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「RSTパケット」って単語が出てきたら「お断りの連絡パケットなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク