[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

FINパケット

pointこの用語のポイント

pointパケットだよ

point「バイバイするねー」な連絡だよ

point3ウェイハンドシェイクやTCPにおける接続を切る話で登場するよ

pointACKフラグも1だったりするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

FINパケットとは

「私たち、もう終わりにしましょう」パケットのこと。
もう少し真面目に書くと

「3ウェイハンドシェイク」と呼ばれるやり方で接続していたのを止める(切断する)ときにやり取りされるデータのひとつ
であり

「切断するねー、バイバイ」な連絡に相当するデータ
です。
ちょっと小難しいけど正確に書くと

FINフラグ(とACKフラグ)に1がセットされたパケット(通信用に細切れにされたデータ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「パケット」と「3ウェイハンドシェイク」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

パケットは「通信用に細切れにされたデータ」です。
よく分からない人は「通信中のデータ」くらいの理解でもかまいません。

FINパケット

3ウェイハンドシェイクは「送っていい?」「いいよー。こっちも送っていい?」「いいよー」な手順を踏む接続のやり方です。

例えば、ピヨ太コンピュータ(ピヨ太PC)がピヨ子コンピュータ(ピヨ子PC)に接続するとしましょう。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「送っていい?」な質問パケットを送ります。

FINパケット2

それに対して、ピヨ子PCピヨ太PCに「いいわよー」な返事パケットと「私も送っていい?」な質問パケットを合体させたパケットを返します。

FINパケット3

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。

FINパケット4

お互いに相手から「送っていいよー」な許可をもらいました。
相手から送られてきたデータを受け取る心の準備もバッチリです。

この状態は「接続が確立された状態」と言えます。

このように

1.「送っていい?」な質問パケット
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット
3.「いいよー」な返事パケット


の3回のやり取りを経て接続を確立させるのが、3ウェイハンドシェイクです。

FINパケット5

以上を踏まえて、読み進めてください。

始まりがあれば終わりもあるのが世の常です。

ピヨ太PCピヨ子PCとの接続を止める(切断する)ことにしました。

接続するときのやり取りは3回でした。
切断するときは4回のやり取りを行います。
「3ウェイハンドシェイク」に対して「4ウェイバイバイ」なのです。

ちなみに「4ウェイバイバイ」は私が今、思いつきで作った造語です。
実際には、そんな用語はありません。
ご注意ください。

話を戻して、まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「バイバイするねー」な連絡パケットを送ります。

FINパケット6

それに対して、ピヨ子PCピヨ太PCに「いいわよー」な返事パケットを送ります。

FINパケット7

次にピヨ子PCピヨ太PCに対して「バイバイするわね」な連絡パケットを送ります。

FINパケット8

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。

FINパケット9

これでお互いがバイバイすることに同意しました。
気持ちよく切断できます。

この4ウェイバイバイでやり取りされた

1.「バイバイするねー」な連絡パケット
2.「いいわよー」な返事パケット
3.「バイバイするわね」な連絡パケット
4.「いいよー」な返事パケット


のうち

1.「バイバイするねー」な連絡パケット
3.「バイバイするわね」な連絡パケット


を指す呼び名が「FINパケット」です。

FINパケット10

ついでなので書いておくと

2.「いいわよー」な返事パケット
4.「いいよー」な返事パケット


は「ACKパケット」と言います。

FINパケット11

3ウェイハンドシェイクはTCPの話で、よく出てきます。
TCPでは、3ウェイハンドシェイクで接続するからです。
それに伴い、FINパケットの話もTCP(の切断)の話で、よく出てきます。
TCPの詳細については用語「TCP」の説明を、ご覧ください。

以上で、ざっくりとした説明は終わりです。
何となく分かれば満足な人は、ここから先を読む必要はありません。
次は、ここまでの説明と同じ内容を、もう少し細かく説明してみます。

先ほど同様、ピヨ太PCピヨ子PCにバイバイするとしましょう。
やり方は4ウェイバイバイです。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「バイバイするねー」な連絡パケットを送ります。
このとき送られるのは「FIN=1、ACK=0」のパケットです。

FINパケット12

FINは「バイバイするね」な連絡用の目印だと思ってください。
FINが「1」のパケットは「バイバイするねー」な連絡のパケットです。

ACKは「いいよー」な返事の目印です。
ACKが「1」のパケットは「いいよー」な返事のパケットです……が、取りあえず気にしないでください。

次に、ピヨ子PCピヨ太PCに対して「いいわよー」な返事パケットを送ります。
「FIN=0、ACK=1」のパケットです。

FINパケット13

これで、ピヨ太PCピヨ子PCからバイバイする許可をもらいました。
次はピヨ子PCの番です。

ピヨ子PCピヨ太PCに対して「バイバイするわね」な連絡パケットを送ります。
このとき送られるパケットは「FIN=1、ACK=1」のパケットです。

FINパケット14

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。
「FIN=0、ACK=1」のパケットです。

FINパケット15

これで、ピヨ子PCピヨ太PCからバイバイする許可をもらいました。

お互いがバイバイすることに同意した状態です。
気持ちよく切断できます。

やり取りされたパケットは

1.「FIN=1、ACK=1」のパケット(→)
2.「FIN=0、ACK=1」のパケット(←)
3.「FIN=1、ACK=1」のパケット(←)
4.「FIN=0、ACK=1」のパケット(→)


です。

これが

1.「バイバイするねー」な連絡パケット
2.「いいわよー」な返事パケット
3.「バイバイするわね」な連絡パケット
4.「いいよー」な返事パケット


に相当します。

それぞれの呼び方が

1.FINパケット
2.ACKパケット
3.FINパケット
4.ACKパケット


です

FINパケット16

なお、理屈上は4ウェイバイバイですが、実際には3ウェイバイバイになることもあるようです。
その場合は、もともとの2と3が合体して

1.「バイバイするねー」な連絡パケット(元1:FIN=1、ACK=1)(→)
2.「いいわよー」な返事パケット+「バイバイするわね」な連絡パケット(元2+3:FIN=1、ACK=1)(←)
3.「いいよー」な返事パケット(元4:FIN=0、ACK=1)(→)


がやり取りされます。

FINパケット17

いずれにせよ「FIN=1」のパケットが登場するのは2回です。
お互いが1回ずつ「バイバイするね」の連絡をします。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「FINパケット」って単語が出てきたら「『バイバイするねー』な連絡パケットなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク