[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

SYN+ACKパケット

pointこの用語のポイント

pointパケットだよ

pointSYNパケットとACKパケットが合体したパケットだよ

point「いいよー」な返事と「送っていい?」な質問が混ざっているよ

point3ウェイハンドシェイクの話で登場するよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

SYN+ACKパケットとは

「3ウェイハンドシェイク」と呼ばれるやり方で接続を確立するときにやり取りされるデータのひとつ
であり

「いいよー」な返事に相当するデータと「こっちからも送って、いいかなー?」な質問に相当するデータが合体したデータ
です。
ちょっと小難しいけど正確に書くと

SYNパケットとACKパケットが合体したパケット(通信用に細切れにされたデータ)のこと
であり

SYNフラグとACKフラグに1がセットされたパケットのこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「パケット」と「3ウェイハンドシェイク」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

パケットは「通信用に細切れにされたデータ」です。
よく分からない人は「通信中のデータ」くらいの理解でもかまいません。

SYN+ACKパケット

3ウェイハンドシェイクは「送っていい?」「いいよー。こっちも送っていい?」「いいよー」な手順を踏む接続のやり方です。

例えば、ピヨ太コンピュータ(ピヨ太PC)がピヨ子コンピュータ(ピヨ子PC)に接続するとしましょう。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「送っていい?」な質問パケットを送ります。

SYN+ACKパケット2

それに対して、ピヨ子PCピヨ太PCに「いいわよー」な返事パケットと「私も送っていい?」な質問パケットを合体させたパケットを返します。

SYN+ACKパケット3

それに対して、ピヨ太PCピヨ子PCに「いいよー」な返事パケットを送ります。

SYN+ACKパケット4

これで2人とも相手から「送っていいよー」な許可をもらいました。
相手から送られてきたデータを受け取る心の準備もバッチリです。

この状態は「接続が確立された状態」と言えます。

このように

1.「送っていい?」な質問パケット
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット
3.「いいよー」な返事パケット


の3回のやり取りを経て接続を確立させるのが、3ウェイハンドシェイクです。

SYN+ACKパケット5

この3ウェイハンドシェイクの流れでやり取りされた

1.「送っていい?」な質問パケット
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット
3.「いいよー」な返事パケット


のうち

1.「送っていい?」な質問パケット

を「SYNパケット」と言います。

SYN+ACKパケット6

2を飛ばしますが

3.「いいよー」な返事パケット

を「ACKパケット」と言います。

SYN+ACKパケット7

以上を踏まえて

2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット

を指す呼び名が「SYN+ACKパケット」です。
SYNパケットとACKパケットを合体させたパケットだから「SYN+ACK」です。

SYN+ACKパケット8

まとめて書くと

1.「送っていい?」な質問パケット(SYNパケット)
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット(SYN+ACKパケット)
3.「いいよー」な返事パケット(ACKパケット)


となります。

SYN+ACKパケット9

以上で、ざっくりとした説明は終わりです。
何となく分かれば満足な人は、ここから先を読む必要はありません。
次は、ここまでの説明と同じ内容を、もう少し細かく説明してみます。

先ほど同様、ピヨ太PCピヨ子PCに接続するとしましょう。
やり方は3ウェイハンドシェイクです。

まずはピヨ太PCピヨ子PCに対して「送っていい?」な質問パケットを送ります。
このとき送られるのは「SYN=1、ACK=0」のパケットです。

SYN+ACKパケット10

SYNは「送っていい?」な質問用の目印だと思ってください。
SYNが「1」のパケットは「送っていい?」な質問のパケットです。

ACKは「いいよー」な返事の目印だと思ってください。
ACKが「1」のパケットは「いいよー」な返事のパケットです。

次にピヨ子PCピヨ太PCに対して「いいわよー」な返事パケットと「私も送っていい?」な質問パケットを合体させたパケットを返します。
「SYN=1、ACK=1」のパケットです。

SYN+ACKパケット11

最後にピヨ太PCからピヨ子PCに対して「いいよー」な返事パケットが送られます。
「SYN=0、ACK=1」のパケットです。

SYN+ACKパケット12

これで接続が確立されました。

やり取りされたパケットは

1.「SYN=1、ACK=0」のパケット
2.「SYN=1、ACK=1」のパケット
3.「SYN=0、ACK=1」のパケット


です。

これが

1.「送っていい?」な質問パケット
2.「いいわよー」な返事パケット+「送っていい?」な質問パケット
3.「いいよー」な返事パケット


に相当します。

それぞれの呼び方が

1.SYNパケット
2.SYN+ACKパケット
3.ACKパケット


です。

せっかくなので、全部まとめて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「SYN+ACKパケット」って単語が出てきたら「『いいよー』な返事パケットと『送っていい?』な質問パケットが合体したパケットなんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク