[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

WPAキー

pointこの用語のポイント

point暗号鍵だよ

point無線LANの話で出てくるよ

pointWPAやWPA2で使うよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

WPAキーとは

「WPA」や「WPA2」と呼ばれるやり方で無線LANの通信内容を暗号化するときに使う暗号鍵(暗号化したり元に戻すときに使うデータ)のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として、暗号に関するあれやこれやと無線LANに関するあれやこれや、あとは無線LANにおける暗号化のやり方のひとつである「WPA」と「WPA2」について簡単に説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください

暗号は「特定のルールに従って、ぐちゃぐちゃに変換されたデータ」です。

WPAキー

暗号は、そのまま見ても、内容が分かりません。
悪い人に勝手に盗み見られても、書かれている内容は分からない理屈です。

WPAキー2

暗号を作成する行為を「暗号化」と言います。
特定のルールに従って、元のデータをぐちゃぐちゃにする行為です。

WPAキー3

暗号化の逆、暗号を元のデータに戻すのは「復号」です。

WPAキー4

暗号化したり復号する(暗号を元に戻す)ときに使うデータは「暗号鍵)」です。
一般的には、暗号を元に戻すときに使う鍵も「暗号鍵」と呼びます。

WPAキー5

以上が暗号に関する予備知識です。
次に無線LANについて説明します。

無線LANは「電波でビビビーな通信のやり方」です。
インターネットっぽい通信をする際のやり方の1つです。
線(LANケーブル)の代わりに電波を使って、情報を伝えます。

WPAキー6

無線LANは、電波ビビビーで通信相手とやり取りします。

WPAキー7

ビビビーな電波は空気中を自由気ままに飛び回ります。
そのため、悪い人に盗み見られる可能性が、線でつながっているときより高いのです。

WPAキー8

そこで、途中で盗み見られても内容が分からないように通信内容を暗号化します。

WPAキー9

これで安全です。
途中で盗み見られても、やり取りしている内容は分かりません。

WPAキー10

無線LANを暗号化する際のやり方は、いろいろあります。
その「いろいろ」の中のひとつが「WPA」と「WPA2」です。
WPA2はWPAのパワーアップ版だと思ってください。

以上が無線LANとWPA、WPA2に関する予備知識です。

ここまでを踏まえて、WPAやWPA2で暗号化するときに使う暗号鍵が「WPAキー」です。

WPAキー11

「暗号鍵」と書くと偉そうですが、別に恐れる必要はありません。
ただの「文字の集まり」(をあれやこれやとしたデータ)です。

例えば、ピヨ太君のパソコンで無線LANを使うとしましょう。
ピヨ太君のパソコンから出たビビビーな電波は、電波を受け取る機械(無線LANアクセスポイント)に届きます。

WPAキー12

ピヨ太君は、このビビビーな電波をWPAで暗号化することにしました。
※WPA2で暗号化する場合も流れは同じです。

最初にやるべきことは、WPAキー探しです。

ピヨ太君は、電波を受け取る機械をゴソゴソ触って、WPAキーを探しました。
多くの場合、WPAキーは電波を受け取る機械の目立たないところに「これがWPAキーだよ!」と書いてあります。
書いていない場合は、機器の説明書や機器を作った会社さんのホームページで探し方を確認してください。

WPAキー13

おっと、ピヨ太君がWPAキーを見つけたようです。
WPAキーは「piyopiyo」でした。

WPAキー14

ピヨ太君はパソコンにWPAキー「piyopiyo」を設定します。

WPAキー15

なお、電波を受け取る機械には最初からWPAキー「piyopiyo」が設定されています。

WPAキー16

これでピヨ太君のパソコンと電波を受け取る機械には、同じWPAキー「piyopiyo」が設定されている状態になりました。

WPAキー17

言い方を変えると、同じ暗号鍵を持っている状態です。

WPAキー18

これでピヨ太君のパソコンと電波を受け取る機械は、WPAで暗号化したビビビーな電波でやり取りできます。

WPAキー19

送る電波はWPAキー「piyopiyo」で暗号化して、送り出します。

WPAキー20

受け取った電波はWPAキー「piyopiyo」で元に戻して、中を見ます。

WPAキー21

送っている途中の電波は暗号化されています。
WPAキー「piyopiyo」がないと、途中で盗み見ても、やり取りしている内容が分からない理屈です。

WPAキー22

このような「WPAやWPA2で暗号化したやり取りをするときに使う暗号鍵」がWPAキーです。

上でも書きましたが、WPAキーは、無線LANの電波を受け取る機械(無線LANアクセスポイント)の本体に「WPAキー」や「暗号化キー」などの「○○キー(○○KEY)」という名前で書いてある場合が多いはずです。
書いていない場合は、機器の説明書や機器を作った会社さんのホームページで探し方を確認してください。
たまに「管理画面上から確認してね!」みたいになっていて、機器本体には書いていない場合もあります。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「WPAキー」って単語が出てきたら「WPAやWPA2で使う暗号鍵なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク