[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

後判定ループ

pointこの用語のポイント

pointプログラムに対する命令の分類だよ

point同じ処理を何回もやらせるよ

point「もう止める?」の判断は処理の後でするよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

後判定ループとは

do~while文とかのこと。
もう少し辞書っぽく書くと

繰り返し処理(ループ処理)の分類のひとつ
であり

ループ内の処理をやった後で「もう止める?」の判断をするやり方
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。
まずは予備知識として「繰り返し処理ループ処理)」について説明します。
「そんなの説明されなくても知ってるよ!」な人は、適当に読み飛ばしてください。

プログラムは「人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ」です。
このプログラムを実際に作る作業を「プログラミング」と言います。

後判定ループ

プログラミングは、コンピュータさんに対して、仕事を指示する行為です。
「この場合は、あれしろ」「この場合は、これしろ」と、細かく指定していきます。

さて、このコンピュータさんに対する指示ですが、何回か同じ処理をやらせたい場合があります。
例えば「ピヨ太君が寝ている間は、ピヨ太君を起こす」とかですね。
スヌーズ機能付きの目覚まし時計のイメージです。

実際にやる場合、コンピュータさんのお仕事は

1.ピヨ太君が寝ているか判断する
2.寝ていれば、ピヨ太君を起こす


です。
これをピヨ太君が起きるまで「繰り返し」ます。

後判定ループ2

このような「条件を満たしている間は同じ処理を繰り返しなさい!」な命令を「繰り返し処理ループ処理)」と言います。
そのまんまな呼び方ですね。

繰り返し処理は、大きく分けて2つに分類できます。
それは

1.「処理→判断」の順で行う繰り返し処理
2.「判断→処理」の順で行う繰り返し処理


の2つです。

「えっ?別に同じじゃないの?」と思う人もいるかもしれませんが、違うのです。

1.「処理→判断」の順で行う繰り返し処理

の方は

1.ピヨ太君を起こす
2.ピヨ太君が寝ているか判断する(起きていたら終わり)


を繰り返します。

後判定ループ3

この場合、最低1回はピヨ太君を起こします。
最初からピヨ太君が起きていてもです。

後判定ループ4

それに対して

2.「判断→処理」の順で行う繰り返し処理



1.ピヨ太君が寝ているか判断する
2.寝ていれば、ピヨ太君を起こす


を繰り返します。

後判定ループ5

この場合、最初からピヨ太君が起きていれば、起こしません。
「あっ、起きてたのね。じゃあ、何もしないね」です。

後判定ループ6

少し違いますよね?

以上を踏まえて、この2種類の繰り返し処理のうち

1.「処理→判断」の順で行う繰り返し処理

を指す呼び名が「後判定ループ」です。

具体的にはdo~while文などを指します。
do~while文は、ループ内の処理をやった後で「続ける?止める」を判断しますからね。

なお

2.「判断→処理」の順で行う繰り返し処理

の方は「前判定ループ」と言います。

せっかくなので、併せて覚えてあげてください。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「前判定ループ」って単語が出てきたら「『処理→もう止める?の判断』の順番で行う繰り返し処理なんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク