[ 通常表示 ]  [ 簡易表示 ]  [ シンプル表示 ]

「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典イメージぴよ画像「分かりそう」で「分からない」でも「分かった」気になれるIT用語辞典

条件分岐処理

pointこの用語のポイント

pointプログラムに対する命令の分類だよ

point条件を満たすか否かで処理を変えるよ

pointif文とかswitch文とかを使って書くよ

スポンサーリンク

簡単に書くよ

条件分岐処理とは

if文とか、switch文とかを使って書く処理のこと。
もう少し辞書っぽく書くと

プログラミングにおける処理の分類のひとつ
であり

「これだったら、あれをして。これじゃなかったら、それをして」のように、条件を満たすかどうかでプログラムさんにやらせることを変える命令のこと
です。

image piyo

詳しく書くよ

順番に見ていきましょう。

プログラムは「人間様の代わりにコンピュータさんにあれこれ命令してくれるやつ」ね。
このプログラムを実際に作る作業を「プログラミング」と言います。

条件分岐処理

プログラミングは、コンピュータさんに対して、仕事を指示する行為です。
「この場合は、あれしろ」「この場合は、これしろ」と、細かく指定していきます。

さて、このコンピュータさんに対する指示ですが、条件次第で別の処理をやらせたい場合があります。
例えば「ケーキがあったらケーキを食べる、ケーキがなければ暴れる」とかですね。

このような「条件を満たしているかどうかで、やることを変えてね!」な命令が「条件分岐処理」です。

条件分岐処理2

先ほどの話でいえば

条件:ケーキはある?
 条件を満たす場合のやること:ケーキを食べる
 条件を満たさない場合のやること:暴れる


ですね。

条件分岐処理3

分岐の枝分かれは2つとはかぎりません。
3つ以上の場合もあります。

例えば「ケーキがあったらケーキを食べる、ケーキがないけどミカンがあればミカンを食べる、ケーキもミカンもなければ暴れる」などです。
この場合は

条件1:ケーキはある?
 条件1を満たす場合のやること:ケーキを食べる
条件2:ミカンはある?
 条件2を満たす場合のやること:ミカンを食べる
 条件1、2を満たさない場合のやること:暴れる


になります。

条件分岐処理4

多くのプログラミング言語では、コンピュータさんに条件分岐処理をやらせるための命令文が用意されています。
例えば、if文switch文などです。

それぞれの構文の詳細については、それぞれ用語の説明を、ご覧ください。
どの構文もプログラミングの基本です。
作る立場の人は、当たり前に知っておかないとマズいと思います。
頑張って使いこなせるようになってくださいね。

image piyo2

一言でまとめるよ

まぁ「条件分岐処理」って単語が出てきたら「条件によって、やらせる処理を変えるんだな~」と、お考えください。

一番上に戻るよ
スポンサーリンク